雨の河にて

2015.7.7|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

2015-07-07 11.02.53

〈今日は雨の中、はじめての場所で健康診断を受けてきました。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

毎年、7月の上旬に健康診断を受けています。今年はそれが今日。でも、昨年から志事する場所が箕面から芦屋に移ったので、健康診断を受診する場所も兵庫県下で新しく選ぶことになりました。

 

昨年までは、大阪府内ならどこでもよかったので、地元・堺にあるベルクリニックというところで毎年受けていたんです。今回は、リストの中から色々調べて、「住吉川病院」を選びました。

 

理由は2つあって、ひとつはこの病院が建て替えたばかりだということ。どうせ病院で受診するなら、やはり建物や設備の新しいところがいいかな、と思った次第。

 

そしてもうひとつは、冒頭の写真の通り、この病院が住吉川のほとりにあるということでした。写真一番左側の建物が、住吉川病院。ちなみに右端に見える高架の線路は、六甲アイランドに向かう六甲ライナーです。

 

西宮から神戸にかけては、夙川、宮川、芦屋川、住吉川、石屋川と、川の景観が美しい場所がいくつもあります。その中では、この住吉川に行くという用事は私にはあまりないので、健診のついでに楽しんでこよう、というわけ。

 

今日はあいにくの雨でした。でも、住吉川の護岸はまた芦屋川とは違った雰囲気で石積みが美しい。そして両側の松並木も、歴史を感じさせてとても風情があります。傘をさしながらでしたが、しばしその眺めを楽しみました。

 

肝心の健診の方も、やはり所変われば、でしたよ。昨年までのベルクリニックは毎回すごい人数の受診者の方々に混じって、何回も「◯◯番の方」とナンバーで呼ばれながら、待っては動きを繰り返して、とても時間がかかったのです。

 

でも、場所の雰囲気がいいので「それでもいいか」と思っていたし、10年以上繰り返しているとなんだか、健康診断ってそんなもん、と勝手に思い込んでいました。

 

ところが今日初めて行った住吉川病院、健診を受ける人はなんと私一人でした。担当の方にマンツーマンで先導してもらいながら、すべての検査をあっという間に終えてしまったんです。

 

検査の所要時間は約30分。これ、今までの5分の一で、拍子抜けするくらい。でも建替え後だけあって室内も設備も新しいし、これはいいぞ。ロケーションと言いスピードと言い、最高です。もう、毎年ここで受診することに決めました(笑)。

 

自分で予測した時間より2時間も早く病院を出たら、雨は小降り。時間を持て余し気味に住吉川をしばらく眺めていたんですが、そこで初めて、今日が七夕だということに気づきました。通る人がそんな話をしていたんですね。

 

まあ、毎年書くように新暦の七夕は梅雨の最中が多くて、いまひとつだなあと思います。でも今日の私には、おなじ「あまのがわ」でも「雨の河」で、織姫と彦星ならぬ、良い場所との出会いが。

 

うんうん、それもまた善しやね、なんて非常に自分勝手なことを考えながら歩く、住吉川の橋の上。今度は、晴れた時に来よう。