雫とさがる花

2014.5.7|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

tsuribana

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

ゴールデンウィーク、雨の日もありましたが、だいたいはよいお天気だったようです。雨上がりの快晴の朝などは、普段以上に緑が美しく感じられたものでした。

 

先日は私の家の庭に咲く「花海棠」をご紹介しましたが、同じ庭でその次の順番、これからの花の最盛期を迎えるのが、冒頭の写真の樹。葉がとても美しく、小さな花がたくさんで、清楚な感じですね。

 

これは吊花(ツリバナ)という樹です。吊花はニシキギ科ニシキギ属。同じ仲間にマユミがあります。この写真の姿で、その名の由来が一目でわかりますね。長い柄の先に花を吊り下げたようだから、吊花。

 

私の家の庭で、この吊花は最初、隅のほうでひっそりと咲いていました。でも、隣にあった大きな桂の樹が病気で枯れてしまったので、泣く泣く抜いてしまったんです。そうしたら、こちらの吊花がぐんぐんと大きくなり始めました。

 

吊り下げられた花はまだ緑白色ですが、さらに満開になると、もう少しピンクがかってきます。それも美しいし、さらに秋にはもっと「吊り」の名にぴったりの姿になるんですよ。

 

この写真はWEBの辞典からですが、こんな感じです。

tsuribana01

 

真っ赤な実が、まさにいくつも吊り下げられて成っていますね。最初は丸い実が、そのうち5つに割れて、それぞれの先に種がぶら下がる感じで、本当にその名に相応しい姿になります。

 

秋にこの実の姿を見るのも、とても楽しみな時間ですが、今回の連休では、雨上がりの晴れた空の下、花が雨の雫をくっつけ、その重みでさらに下がっていて、そのひときわ美しい姿を見ることが出来ました。

 

小さな庭にも、四季折々の美しい場面があります。普段なかなか日中に家にいることがなく、それを見ることが出来ていないことを反省しつつ、ここぞとばかりに庭の樹々と親睦を深めた春の連休でした。

 

ちなみに、吊花の次には紫陽花が、自分の出番を待ち構えているのであります。