静かなカフェ

2012.9.30|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。

 

今日は先週に引き続き、くらしの杜「かぐら」にて、ご来館下さるお客さまの対応の当番をしています。しかし、刻々と近づく台風17号、時間を追うごとに風が強くなってきました。

 

朝一番から午前中くらいまでは、まだ風雨も穏やかで、いつもの日曜日と変わらない賑わいだったのですが、やはり午後から雨風が強くなってきて、お客さまの足も途絶えがちに…。

 

今日は図書館、雑貨レジの他に、しばしカフェの担当もさせていただいたんですよ。冒頭の写真は、カフェカウンターの中からの眺めです。とてもいい感じで、喫茶店のマスター気分を味わえますね。

 

写真ではわかりにくいですが、外の木々は段々揺れが激しくなってきています。それを眺めながらお客さまをお待ちしておりましたが、今日はなかなか…。グラスやカップをひたすら磨いたりして…。

 

昨日今日と開催の「無垢の素材市」は、板が濡れてはいけないので、途中で店仕舞いです。残念!

 

ご予約のお客さまがおられる「お家のゼミナール いろいろな木のお話」は予定通り開講しました。最後の意見交換の時に、マスターの出番があり、ここぞとばかりいそいそをコーヒーを。なかなか楽しいのです。

 

今回の台風、関西にはさほど大きな影響はなさそうな感じですし、各現場とも、もちろん台風対策は終えています。しかし、やっぱり台風の経過からは目が離せませんね、家づくり稼業の人としては。

 

あとしばらく、風がピークを過ぎるまでは、静かな「かぐらカフェ」で、17号の行方を見守りながら「閑古鳥を楽しむ喫茶店のマスター」の真似をして過ごすことにしましょうか(笑)。