夜空のリズム

2017.10.4|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 KJWORKS

 

〈中秋の名月なのに満月じゃない、しかも10月、そのことから暦のあり方を想いました。〉※画像はイメージです。

 

 

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

 

 

今日帰宅する途中、雲間から出る月がとても美しかったので、思わず少しの間眺めていたんです。そうして家に着いたら、奥さんが「今日は中秋の名月やから、綺麗やね」と。でも私は思わず「え、今日が!?」と返事してしまいました。

 

 

 

というのは、私がさっき見ていた月は、満月じゃなかったからです。中秋の名月というからには当然満月なのだろうと勝手に思っていましたが、晩ご飯のあと早速調べてみたら、確かに満月ではない。満月は明後日の6日なのですね。

 

 

 

「十五夜」ともいわれる今夜は、いわゆる旧暦(太陰太陽暦)でいう8月(葉月)の15日にあたる日です。この日を「中秋」といい、そして明日は「十六夜(いざよい)」、明後日は「立待月」、そして「居待月」、「寝待月」と続きます。

 

 

 

そもそも月の満ち欠けの周期は約29.5日。なので旧暦では一ヶ月は29日か30日でした。そしてその中間の15日が満月ということで「十五夜」なのですが、その微妙なズレや、月の軌道が真円でなく楕円であることから、若干ずれてしまう。

 

 

 

それが今夜が満月でない理由ですが、でももうひとつの疑問。中秋の名月って確か9月じゃなかった?私が奥さんの言葉に驚いた理由のひとつはそれもあったんです。でも、少し考えて納得しました。あ、今年は「閏月」があったんだ、と。

 

 

 

旧暦は月の運行を基本としますから、地球の公転による「一年」とそのままでは上手く整合しないんですね。365日を29.5日で割ると12.37となって、12ヶ月で半端が出るんです。即ち太陰太陽暦では、一年が13ヶ月になることがある。

 

 

 

そう、今年の中秋の名月が10月なのは、旧暦で見たときに「閏月」で5月が2回あったからなんですね。太陽暦(グレゴリオ暦)では4年に一度、2月29日が増える「閏年」がありますが、それよりも大きなズレの修正があるわけです。

 

 

 

私は時代小説も読むし、そうした日本古来のものに興味があるので、旧暦でものを考えることにさほど障壁を感じません。しかしそれでも中秋の名月のことを失念してしまうほどに、旧暦と今の暦のズレは、我々の感覚を麻痺させている。

 

 

 

日本には四季があり、常に「季節感」を大切にしてきた歴史があります。また一方で、満ち欠けという見た目をもった月の運行も、日々の暮らしにリズムを刻むのにとても大切だった。そこに生まれたのが太陰太陽暦だと言えるでしょう。

 

 

 

ちなみにイスラム圏では今でも「純粋太陰暦」が使われていて、これは月の運行のみを基準にした暦です。なので太陽の運行による一年とはどんどんズレていき、月と季節とが全く合わなくなる。季節感に乏しい地域ならではの暦ですね。

 

 

 

二十四節気や季節ごとの節句などは、薄れたとはいいながら今も日本人の暮らしに生きています。でもそれらは太陽暦では説明がつかない、旧暦の日付だから意味をもっていたもの。そのことが今、忘れ去られつつある気がしてなりません。

 

 

 

私も人のことは言えませんが、10月初頭に中秋の名月がやってきたことから、またその寂しいズレを想いました。せめてこういう記事を読んで、その我が国の季節感を反映していた昔の暦に思いを致してもらえれば。そう強く想うものです。