これは凄い!Googleマップ

2008.8.6|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

皆さんも、WEB上の地図検索サービスをお使いになったことがおありかと思います。とても便利ですよね。

私はGoogleマップをよく使うのですが、今度この地図に、画期的な新サービスが登場しました。
その名は「Googleストリートビュー」。これは、地図上の任意の地点から見た周囲の景観を360度表示するという、なんともはや、恐ろしい機能です。
http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/

以下は日経新聞の記事を部分的に配信するメルマガより転載。

インターネット検索最大手の米グーグルは4日、ネット地図で検索した場所の風景を歩行者の目線で見られる人気サービス「ストリートビュー」の対象地域を日本に広げた。東京、大阪、仙台、札幌などの都市部で開始。新たにオーストラリアも対象に加え、利用者増を目指す。ネット地図サービス「グーグル・マップ」の機能として提供する。地図サービスを使って住所などを検索し「ストリートビュー」を選択すると、その周囲360度の写真画像を閲覧できる。

ということで早速やってみましたが、これはもう、「驚嘆」のひとことですね。私が住む堺などの表示範囲はまだまだ狭いですが、大阪市内、京都市内などは、かなりの部分が見られるようになっています。日本では現在12大都市を網羅し、世界ではアメリカ、フランス、オーストラリアで提供されているのだとか!

前回、地図だけでなく航空写真が表示できるようになった時もかなり驚きましたが、今回のストリートビューには、さらに大きい、とてつもないインパクトを感じます。

つらつら慮るに、このGoogleという企業は、とにかく「情報」というもの全てを、データベースとして提供する事を目論んでいるのでしょうね。そうとしか思えません。地図情報もそのひとつという位置づけなのでしょう。今回のストリートビューのサービスのためにストックされているその情報量たるや、ちょっと想像もつかないほどです。やっていることの規模の大きさは、まさにGoogleが「架空の世界政府」ででもあるかのようです。

家づくりという仕事に当てはめて考えてみても、あるいは一生活者として想像してみても、このサービスがもたらす便利さは、他の地図検索サービスの追随を許さないものになるのではないでしょうか。だって、そこに行く前に、そこに立っている自分が想定できるのですから、ね。

いやいや、記念すべき第1回目は、びっくり仰天と感心をしてばかりで、まだ考察に至る心の余裕がなかったですが、皆さんも一度このサービスを利用してみて、自分にとっての便利さ、あるいは活用法などを想像してみてはいかがでしょうか?きっと、びっくりしますよ!