建築イラストレーションの名人

2011.1.28|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

515KENhouEL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

『桂離宮―日本建築の美しさの秘密 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)』 草思社

 

この「日本人はどのように建造物をつくってきたか」というシリーズは、その名のとおり、日本の伝統建築について、その建築の経緯、工法、実際の施工手順、意匠やデザインなどなどを綴った、その建物についてのかなり詳細な解説本です。

 

内容もとても面白いのですが、このような主旨の本ですと、当時の写真が残っていないため、ビジュアルにわかりやすい表現をしようと思うと、どうしてもイラストが主になりますよね。

 

実はそこがこのシリーズの素晴らしいところ。知る人ぞ知る名人、穂積和夫さんのイラストで全編が彩られています。

 

穂積さんは建築学科を出て大手設計事務所に勤務後、イラストレーターに転身されたという経歴をおもちで、その建築イラストの素晴らしさは、何というか、筆舌に尽くし難いもので、もう見ていただくしかありません。

 

私などは、それだけをじいっと見続けてしまって、本文を読むのを忘れて読み終わってしまうほどです(笑)。

 

本書には、建物だけでなく、着物姿の当時の職人が鉋をかけたり、墨付けをしたりといった作業風景、施主である智仁親王が天井高さを決めるため、職人と一緒に寸法を検討している絵、などもあるんです。それらがまた素晴らしい!

 

内容は、小学校6年生以上を対象ということで、建築のプロでなくても充分楽しめる平易な表現となっています。

 

興味がおありの方には、是非読んで、「観て」いただきたい名シリーズであります!