見て、感じて、腑に落ちる

2011.6.23|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

昨日今日と、船井総研の三浦上席コンサルタントが主催される、研修の旅に参加してきました。

 

たくさんの異業種の成功事例を、実際に見て、感じてきました。

(そのさわりは、私のツイッターでもご紹介しているので、ご覧ください。https://twitter.com/yamtos

 

KJWORKSには三浦コンサルタントのファンが多く、メルマガ「日刊ライスレポート」を私も愛読しています。今回の旅の事例も、いつかそのメルマガで紹介されていたものばかり、読んだ記憶のあるものばかりでした。

 

でも、文章で読んでいるのと、実際に自分が行って、感じてみるのとは、大変な違いがあります。そしてそれを自分なりに納得し、腑に落ちて帰ってくるところまでできれば、ただ読んでいるだけとは、まさに雲泥の差ですね。

 

やはり、自分が行かなきゃわからない。納得はできない。今回は、それを一番痛感して帰ってきました。

 

もちろんそれぞれの事例からはそれぞれの学びがありました。明日からの毎日に何か変化が起きそうで、それもまた楽しみであります。

 

二日間の研修で、正直脳みそがパンパンという感じですが、見て、感じて、腑に落ちる体験を得て、心地よい疲れを感じている次第です。

 

さあ、また明日から、頑張りますよ!