間取りづくりの楽しさ

2012.1.19|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

溝辺さんさんの家 プランイメージ

 

ご愛読、ありがとうございます。

 

家の設計、それはまず「間取りづくり」から始まります。これを私たちの言葉では「プランニング」と言ったりしますが、それは、ただ「部屋の数と場所を決める」ということだけにとどまりません。

 

敷地の中のどこに、どんな向きで、どんな形の、どんな部屋をもった家を建てるのか。プランニングとは様々な条件や法規制、環境をふまえて、あるいは建物の構造をふまえて、それを検討し、まとめあげていく作業です。

 

敷地が違えば、住まい手が違えば、当然間取りは変わります。また、同じ敷地で同じ住まい手だとしても、プランニングをする人によって、また間取りは変わってきます。

 

画像は、ある不整形な細長い土地に、3階建の住宅を建てるという前提での間取りのイメージです。こういう非常に厳しい条件だと、逆にすごく面白い間取りができたりして、自分でもびっくりしたり(笑)。そんなこともあります。

 

誰もがそこにたどり着くべき「正解」がないのが、間取りづくりの難しさであり、また楽しさでもある。私はそんな風に考えているんです。

 

とはいえ、今まで13年間プランニングと「住まいの提案」を続けてきて、やはり私なりに「ここを大事にして間取りを考えたい」「こういう間取りをお客さまに提案したい」というものが出来ています。それがKJWORKSの間取りのスタイル、ということなのでしょうね。

 

そんな、私が考える「いい間取り」ってどんなものか、それはどういう風に考えてつくるのか、そんなことを、今年からセミナーという形で、家づくりをお考えのかたに向けてお話することになりました。

 

この「間取りセミナー」、1時間ほどの時間で、あまり突っ込んだ話ではなく、例えば次のようなことを楽しくお話できたら、と思っています。専門的になりすぎても、面白くないですからね。

1.間取りって何?
2.いい間取りって何?
3.よい間取りにするためには、どんなことが大切?
4.土地(敷地)に合った間取りって?
5.住まい手(ご家族)に合った間取りって?
6.KJWORKSのつくりたい間取り

お話だけではつまらないので、参加者の方々と、ちょっと間取りのエクササイズなんかもやったらいいなあ…。どんなことをしようかな…。

 

今、そんなことを考えながら、セミナーの資料をつくっているのであります。

 

「間取りセミナー」、第1回目は2月4日(土)、午後1時30分からです。ちょっと、寄ってみてくださいませ!