SHARED PLANET

2012.1.5|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

IMG_3193

 

ご愛読、ありがとうございます。

 

今日はKJWORKSの志事初めでした。朝9時に大阪、京都、南大阪の全スタッフが集まって、新年の挨拶からスタートです。

 

その後は近くの春日神社に初詣をし、そして神社そばのスターバックスにてコーヒーブレイク、というのが何となく決まったコースになっていますね(笑)。

 

今日のスターバックスで、こんなリーフレットを見つけました。「SHARED PLANET スターバックスの地球への約束」と書いてあります。中身を見ると、同社がおこなっている環境への貢献について書かれていました。

 

ちょっと気になったのでパソコンで調べてみると、このSHARED PLANETというプランは、2010年から始まったもののようです。その内容は、主に次の3つの柱で構成されています。

 

1.「倫理的な調達」
責任をもって栽培され、倫理的に調達されたコーヒーを仕入れること。
これによって生産者のよりよい未来と地域環境に貢献します。

 

2.「環境面でのリーダーシップ」
環境負担を低減し、気候変動対策への取り組みを行ないます。

 

3.「コミュニティへの貢献」
パートナー(スタッフ)がお客様とともにコミュニティの絆を深める役目を担います。

 

このプラン、考え方を、会社全体、そして全ての店舗の運営に反映させ、さらには店舗デザインにもその考え方を取り入れていく。そして2015年までに全店舗での達成を目標にしているといいます。

 

リーフレットには、具体的な例がいくつも書かれていましたが、この3つの柱はそのままKJWORKSや「くらしの杜」で実践していくべきことだなあ、私にはそう感じられました。

 

国産の木材や自然素材の生産者のことを考えた倫理的な調達、木の家づくりそのものをはじめとした環境負荷低減への取り組みはとても大切な事ですね。

 

「くらしの杜」そのものも、地域コミュニティの絆を深めるお役に立ちたいですし、そしてお客さまとともに、その地域のコミュニティの絆を深めるような、そんな家づくり、建物づくりが出来たら、素晴らしいですね。

 

何だか今日は、美味しいコーヒー(スターバックスラテ)だけではなくて、新年早々、他業種からのよい学びを得ることができました。嬉しいことです。

 

「SHARED PLANET」という言葉が好きになった、志事初めの1月5日でありました。