安本のブログ

AE2I6588-1

2020.1.26

家の断熱向上が健康に良いこれだけの理由

家づくりの中で耐震性と並んで改善したい項目上位に上がる「断熱性」 窓や断熱材などをよくすることで、室温が一定になり夏涼しく、冬暖かい家にすることができます。 家の高断熱化は、単に暖かい、涼しいというだけでなく 健康にも良いことが最近の研究で明らかになってきました。 どういう形で健康に良いのかを少しご紹介いたします。
建て方、豊中、木造、木の家、大阪、工務店、制振装置

2020.1.25

豊中の3階建ての木の家 上棟です

現在、建築中のAさんの家ですが、ついに建て方が完了しました。 最近の暖冬による雨天模様でしたが奇跡的に建て方の日は雨は降らず 全日の土台式から骨組みを組み始め2日目に上棟まで来れました。
箕面市、耐震改修、耐震診断、工務店、木の家、大阪、ごろんぼ

2020.1.20

箕面市で大規模耐震改修工事が始まりました

箕面市でKさんの家の大規模耐震改修工事が始まりました。 最初は、箕面市による無料耐震診断がきっかけです。 KJワークスは箕面市が主催する耐震改修の協議会に加盟していることもありKさんの耐震診断をさせていただきました。 診断結果は、あまり良い数字ではありませんでした。 年式や形状から良い数字は出ないことは分かっていましたがやはりショックのようでした。 ですが、改修を行う事で現在の建築基…
FullSizeRender-1

2020.1.14

薪ストーブと全館空調の相性は?

寒い時期になると恋しくなるのが薪ストーブの炎。 揺らめく炎を眺めながら、ゆったりと過ごす食後の時間・・・ ん~理想的な冬のひと時ですね! 彩都のくらしの杜にも冬は薪ストーブが焚かれているので来館者の方はついつい薪ストーブの前に陣取って暖を取られます。 そんな薪ストーブは寒さが応える地域には理想的な暖房器具です。
木の家、強い基礎、コンクリート、3階建て、大阪、豊中、木造

2020.1.9

豊中市の3階建てAさんの家基礎工事大詰めです

現在豊中市で建築中のAさんの家の基礎工事がいよいよ大詰めです。 Aさんの家は、木造3階建ての家です。 都市部の密集地に珍しい敷地内に高低差のある角地のため建築条件が実はいろいろ制限があります。 特に高さ関係について街中の角地と言うのは、制限が厳しく思ったような3階建てにならないことも多いです。
IMG-1883

2020.1.7

2020年は温熱住宅をさらにパワーアップさせます!?

明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします。 2020年は、東京オリンピックの年ですね~

2019.12.27

本年もありがとうございました

ケイ・ジェイ・ワークスは本日で仕事納めです。 平成から令和に変わりいろいろなことがありました。 関東では大災害に見舞われ、多くの方が被災されました。 去年の地震と台風を経験した身としては他人ごとではなく、身につまされる思いでした。 家づくりは暮らしに直結する大切な仕事だと考えています。
モイス、調湿、木の家、大阪、仕上げ、インフルエンザ、ウイルス、抗ウイルス

2019.12.22

インフルエンザウイルスにモイスが効果あり?!

ケイ・ジェイ・ワークスの家づくりでは内装や構造面材でおなじみのモイス。 実は、モイスには抗ウイルス性能があったんですね。 モイスは実査見てもらうとわかるのですがザラザラしていて多孔質の素材です。 そのモイスには消石灰が含まれていてアルカリ性寄りの性質を持っています。 そうした素材の性能が細菌やウイルスを吸着し、増殖を抑える効果が期待できます。
床断熱、基礎断熱、どっち、木の家、大阪

2019.12.20

基礎断熱と床断熱

建物の断熱は基本的に屋根と壁、そして床に断熱をします。 屋根は、天井断熱と屋根断熱の2種類があり、壁は充填内断熱と外断熱、そして床は床断熱と基礎断熱というように断熱材を施工する箇所によってそれぞれ名称が異なります。
高槻、田舎暮らし、土地、市街化調整区域

2019.12.16

高槻での田舎暮らしができる土地

田舎暮らしにあこがれる方増えています。 Uターンやデュアルライフなどを求めて都会を離れる暮らしが一つのブームのようです。 特に最近言われているデュアルライフは、都会に住む方が郊外や田舎にも居を構え 異なる住環境でそれぞれ2拠点として暮らしていくという生き方です。
マッハシステム、木の家、大阪、大型パネル、集成材

2019.12.10

マッハシステム搭載 大型パネルのKさんの家建て方です

大型パネルの木の家を建てるKさんの家では建て方が行われました。 建て方とは柱や梁などの構造材を組みあげ、屋根の一番上の部材「棟(むね)」までくみ上げる作業の事を言います。 棟が乗ると上棟と呼びます。棟が上に上がるから上棟、分かりやすいですね。
山手台、木の家、土台、大阪、工務店

2019.12.7

マッハシステムのKさんの家 土台敷きです

現在建築中のKさんの家は、土台敷きが完了しました。 次はいよいよ建て方です。 土台敷きは、その名の通り土台を基礎の上に敷いていく作業の事です。 たまに、テレビでも土台と基礎をごっちゃにした放送がありますが、 基礎はコンクリートでできた地面にくっついている部分で、土台はその基礎の上に載っていて家の構造材と一緒に施工されます。
scroll-to-top