淡く綺麗な大谷石の玄関土間

2021.6.10|カテゴリー「施工事例」|投稿者 安本峰樹
大谷石は栃木県の大谷で産出される凝灰岩(火山灰が積もってできた石)で軽石のように空隙が多く柔らかい石です。
最初は青みかかった色ですが、徐々に白っぽく変化してきます。
その風合いの良さから内装等に利用され耐火性や温かみにより火を使うところ炉やストーブ周りなども使われています。
今回Sさんの家では玄関土間に採用されました。

大谷石にはミソと呼ばれる斑点があり、その斑点によりそれぞれの石に個性が生まれています。

今回は玄関土間の採用で、ブラックチェリーのフロアの対比もあり玄関の表情が豊かになりました。
これもタイルでは実現できない素材の凹凸の奥深さによります。

ただ大谷石は柔らかいので経年劣化していきます。
これも味と思われる方には、大谷石は似合います。

木材もそうですが、おおよその自然素材は経年劣化していきますが
その風合いもまた良いものです。
人工物の劣化とはまた違った履歴ですね。

大谷石は内装としても使われることが多いので、
玄関土間以外の利用もありだと思います。


大谷石、土間、採用、写真、木の家、大阪、ブラックチェリー、フロア、工務店
ブラックチェリーのフロアと、大谷石の土間の色合いの対比がきれいです。
濃い目の色の木材によく合いますね。

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。