薪ストーブが心地よい見学会でした

2021.1.11|カテゴリー「イベントのこと」|投稿者 安本峰樹
前週末に開催した、高槻市内の見学会では、強烈な換気が日本列島を覆っていました。
朝の外部水栓は凍っていて水は出ず(室内は問題ないです)、外の水たまりは夕方もまだ凍っていました。
そんな中でも、Iさんの家に入室された方は暑い暑いと上着を脱がれます。

理由は、家族の間に置かれた1台の薪ストーブです。
小さいながらもその火力は大きく、家全体を温めてくれたのです。
なおかつ、冬の日射を意識した窓配置のプランで
暖かい日射が部屋内に入り、ダイレクトゲインも意識した造りも効果を発揮しました。

かなり大きな吹き抜けを持ちますが、あえて吹き抜けには薪ストーブを設けず薪ストーブの上には天井を設けています。
これは一旦天井に薪ストーブの暖気を当てて1階を温めてから2階も温める仕掛けです。

吹き抜け真下に薪ストーブを設置すると見た目は良いのですが、暖気が上に上がってしまうため
1階よりも2階が先に暑くなります。

階段と吹き抜けの2か所で1,2階をつなぐことでゆっくりと薪ストーブ熱が循環していきます。

コロナ対策のため、参加者は同時に2組の限定で、しっかりと換気も回しながらですが、
寒さも感じず、ポカポカな室内です。

外の寒さを考えると、参加者の方は薪ストーブの前から離れられなくなる滞在時間の長い見学会となりました!
薪ストーブ、階段、吹き抜け、工務店、大阪、木の家、無垢、ストリップ階段
ストリップ階段と薪ストーブの取り合わせが中々いい感じで収まっています。