現場のお話

御幣、木造3階建て、上棟式、耐震性、耐震等級3、耐震等級2、制振

2020.2.10

豊中の3階建てAさんの家で上棟式を行いました

豊中市で建築中のAさんの家で先日上棟式をを行いました。 Aさんの家は、住まわれていた家の耐久性に不安がありリフォームも検討されましたが、 元々の家の状態からリフォームを断念され建て替えを決められました。 その際に、耐震性、断熱性、部屋の明るさ、メンテナンス性を重視した家にされたいとご相談いただきました。 今回のAさんの家は耐震等級3に制振機構を取り入れています。
マッハシステム、見学会、大阪、木の家、宝塚

2020.2.7

宝塚でマッハシステムの家建築中

現在、宝塚でKさんの家が建築中です。 Kさんは土地探しからお手伝いさせていただき、当初は箕面でお探しでしたが 眺望の良さを第一にお考えの中、なかなかいい土地に巡り合えませんでした。 そんな中、宝塚で眺望が抜群の土地に巡り合い建築が進んでいるのですが、 Kさんの家はマッハシステムが搭載されています。
建て方、豊中、木造、木の家、大阪、工務店、制振装置

2020.1.25

豊中の3階建ての木の家 上棟です

現在、建築中のAさんの家ですが、ついに建て方が完了しました。 最近の暖冬による雨天模様でしたが奇跡的に建て方の日は雨は降らず 全日の土台式から骨組みを組み始め2日目に上棟まで来れました。
木の家、強い基礎、コンクリート、3階建て、大阪、豊中、木造

2020.1.9

豊中市の3階建てAさんの家基礎工事大詰めです

現在豊中市で建築中のAさんの家の基礎工事がいよいよ大詰めです。 Aさんの家は、木造3階建ての家です。 都市部の密集地に珍しい敷地内に高低差のある角地のため建築条件が実はいろいろ制限があります。 特に高さ関係について街中の角地と言うのは、制限が厳しく思ったような3階建てにならないことも多いです。
マッハシステム、木の家、大阪、大型パネル、集成材

2019.12.10

マッハシステム搭載 大型パネルのKさんの家建て方です

大型パネルの木の家を建てるKさんの家では建て方が行われました。 建て方とは柱や梁などの構造材を組みあげ、屋根の一番上の部材「棟(むね)」までくみ上げる作業の事を言います。 棟が乗ると上棟と呼びます。棟が上に上がるから上棟、分かりやすいですね。
山手台、木の家、土台、大阪、工務店

2019.12.7

マッハシステムのKさんの家 土台敷きです

現在建築中のKさんの家は、土台敷きが完了しました。 次はいよいよ建て方です。 土台敷きは、その名の通り土台を基礎の上に敷いていく作業の事です。 たまに、テレビでも土台と基礎をごっちゃにした放送がありますが、 基礎はコンクリートでできた地面にくっついている部分で、土台はその基礎の上に載っていて家の構造材と一緒に施工されます。
建て替え、大阪、埋蔵文化財、3階建て、試掘

2019.11.22

建て替えの時に気を付けたい埋蔵文化財のこと

豊中市で建て替え工事中のAさんの家では、ついに解体工事が終わり更地になりました。 道路が狭く解体工事はやりにくかったようですが、無事建物は無くなりました。 建物が無くなった土地を見るとちょっと狭く感じますね。 基礎工事の時も基礎が小さく見えるんですが、いざ建物が建つと大きく見えるので不思議です。 建物がなくなったので基礎工事!と行きたいところですがそうもいかない理由が二つあります。
パナホーム、リフォーム、リノベーション、断熱

2019.9.30

軽量鉄骨のリフォームが始まりました

最近ご紹介で家づくりをさせていただくことが多いです。 今回の、島本町のMさんの家も、以前リフォームさせていただいたKさんからのご紹介です。 今まで一桁台だった室温が、暖房なしでも十数度になったと喜んでいただき、同じように寒い家のお悩みを持つMさんをご紹介していただいたのでした。
トントン葺き、ルーガ、瓦葺き替え、大阪、耐震診断、耐震補強、台風21号、地震

2019.9.23

瓦をめくるとトントン葺き

関東を直撃した台風15号の影響は記憶に新しいですが、昨年の大阪北部地震や台風21号による被害で瓦屋根の被害が多く、まだまだ大阪も復旧が続いています。 先日は蔵や倉庫の瓦屋根の葺き直しの工事がありました。 倉庫の方は既存の瓦をおろしてルーガと言う軽量な瓦を葺き直しました。
木造、リフォーム、高槻

2019.5.29

壁をめくると色々出てきます

現在リフォーム中の高槻市のHさんの家は、家の一部をスケルトン状態にして 間取り変更と断熱のリフォームを行います。 リフォームは、事前の調査が重要です。 しっかりした調査が工事中の想定外を減らします。 それでも、いざ解体すると想定外がやっぱり出てきます。
木の家、3階建て

2019.5.7

台風21号からの復旧あと少しのSさんの家!

去年の台風21号の被害は近畿一円に広がりまだ多くの家が復旧を待っている状態です。 そんなか築10年以上のSさんの家の復旧作業はあと少しとなりました。 Sさんの家は、大きな川の土手沿いにあるのですが、土手沿いの大きな桜の木が台風の暴風で 建物に倒れてきて被害が出たのでした。
IMG-0451

2019.4.30

平成から令和へ この時期こその工事

いよいよ平成も最後ですね。 明日から令和が始まります。 そんな中、私の担当する現場では工事の真っ最中です。
scroll-to-top