マッハシステムのKさんの家 土台敷きです

2019.12.7|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹
現在建築中のKさんの家は、土台敷きが完了しました。
次はいよいよ建て方です。

土台敷きは、その名の通り土台を基礎の上に敷いていく作業の事です。
たまに、テレビでも土台と基礎をごっちゃにした放送がありますが、
基礎はコンクリートでできた地面にくっついている部分で、土台はその基礎の上に載っていて家の構造材と一緒に施工されます。
木造でいえば、基礎は基礎屋さん、土台は大工さんが施工します。

土台は一番シロアリの被害を受けやすいので、ヒノキの芯持ち材を使って、さらに防蟻処理をします。

土台自体は、アンカーボルトと言う金物で、基礎に緊結されていて、さらにその土台と基礎の間にはゴム製のパッキンがあり気密を取ります。
なぜ土台と基礎に気密が必要かと言うとマッハシステムは床下にも温風や冷風を吹くため熱が逃げないように気密を取るんですね。
もちろん基礎の周りにも断熱材を敷いて断熱性を高めますが、空気が逃げれば断熱していも意味が無いので
気密性が重要です。
そんな土台ですが、家が建ってしまったら床下部分になるためほとんど住まい手の方が目にすることはありません。
今回、土地の形状的にあまりとれないアングルで写真が取れました。
これかの土台に柱を立てて家の骨組みが組みあがります。

組みあがるとようやく家らしくなりますよ~

山手台、木の家、土台、大阪、工務店
Kさんの家で採用されたマッハシステムを体感する見学会が行われます。
詳しくはこちらを参照ください!