現場ですぐに分かる断熱の効果

2020.8.18|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹
暑さ寒さ対策で欠かせない断熱材。
新築ではもちろんですが、リフォームでも断熱工事はしっかりしたいもの。
ケイジェイワークスでは耐震補強工事をする場合や屋根をふき替える場合は、
断熱工事もセットでご提案することが多いです。

耐震工事の場合壁を撤去することが多いので、その際に一緒に断熱材をいれれば
安く工事できます。

屋根の葺き替えは、瓦を土を載せて葺いた古民家を、新しい屋根材を新工法で施工すると
2階が暑くなることがほとんどです。
昔は瓦の土が断熱材の代わりになっていましたが、耐震上や施工上、下地の土を撤去すると
暑さがダイレクトに来るんですね。

現在リフォーム中のIさんの家は、屋根の工事と耐震補強工事を行うので、
断熱工事も壁天井と一部床も行っています。
お盆前は断熱工事がまだでしたが、お盆明けに現場に行くと断熱材が施工されていました。

やっぱり、現場の暑さが違います。
窓を開けているので空気は暑いですが、天井や壁の照り返しが無いため体感温度が違いますね。
放射熱の威力が比較するとよくわかります。

耐震リフォームは、地震が来ないとその効果が分かりませんが、
断熱リフォームは夏と冬、その効果が体感できるので、得した気分ですね笑
古民家、断熱、工事、工務店、大阪、リフォーム、耐震
断熱材が天井も壁のもりもりです。
古民家ほど断熱対策を考えることで住み心地がかなり変わってきます。