フローリングと和室の相性

2019.9.14|カテゴリー「家づくりのヒント」|投稿者 安本峰樹
「多目的は無目的」
昔、建築の授業で習った一言です。
多目的ホールを具体的な用途想定せず設計して今うと、結局無目的なものになり、使い勝手が悪くなるというものです。

実は畳の部屋は究極の多目的な空間です。
寝てよし(寝室)、もてなして良し(客間)、食事をして良し(ダイニング)、くつろいでよし(リビング)などなど。
1室あれば、いろいろな用途で使えます。
正に多目的な部屋です。
でも、畳が欲しいというだけで和室を作ってしまうのは少しもったいないです。
用途をある程度想定しておいた方が良いのです。
例えば、寝室の想定だと押入れが必要
客間の想定だと床の間が必要
ダイニングの想定だと、足が不住の場合は掘りごたつが必要?
リビングの想定だと、広さやテレビの配置を検討などなど。

多目的だからと言って何も考えずに和室を作ってしまうと逆に使いにくくなるので要注意です。

またフローリングの部屋と和室は相性が悪そうと思われるかもしれませんが、
畳をフチなし畳などにするとモダンな和室になり、違和感がありません。

子育て世代だと、子供のオムツ替えやこまごまと下収納置き場としての用途も見逃せません。
畳の雰囲気だと赤ちゃんをゴロンとさせても違和感ないですしね。
ただ、障子は要注意。
やんちゃな子供さんの場合は、ワーロン紙と言う素材(紙じゃなく樹脂です)を障子の候補として考えてみてください。

他にも「小上がり和室」と言う選択肢もあります。
小上がり和室については私の動画でもご説明していますので見てみてくださいね!



モダン和室、押入れ、小上がり和室、フチなし畳、フローリング
フチなし畳だとモダンな雰囲気になってフローリングとの相性もばっちりです