建て替えと新築の違いとは?

2019.10.30|カテゴリー「家づくりのヒント ,建て替えについて」|投稿者 安本峰樹
来月から豊中のAさんの家で建て替え工事が始まります。
ずっと住んでおられた家を断熱性と耐震性そして間取りの問題から
建て替えのお話となりました。

時々、建て替えと新築ってどう違うのですか?
と言う質問があります。


新築は更地の状態で、基礎から家を建てることをいいます。

建て替えは、新築に古家の解体等が入った場合をいいます。

建てる土地に家があるかどうかで使い分けをしています。

ですが土地探しから家づくりを始める場合、あまり建て替えも新築も使い分けずに単に新築という事もあります。
どちらかと言うと新築かリフォームか、の使い分けの方が重要ですね。

建て替えと言う言葉を最も使うのがもともと住んでいた家を壊して新しく建てる場合は「建て替え」といいます。
が、古家を買って家を壊して建てる場合はあまり建て替えと言わず新築と言ったりすることもあります。
厳密も言うと建て替えなんですが、私としては、使い分けは壊す家に住んでいたかどうかも
ニュアンスとしては使い分けしたりすることもあります。

住まい手の方からはあまり新築と建て替えは意識しなくてもいいと思います。
古家に住んでいても壊して家を建てるときに新築と言っても間違いではないです。

新築と建て替えの違いよりも、新築とリフォームの違いの方が重要ですね!




before
建て替え、新築、違い、リフォーム、何から、流れ、まずすること、どこに、注意点
古家を壊して新築(建て替え)の例
元々の家が。。。
horizontal
after
建て替え、新築、違い、リフォーム、何から、流れ、まずすること、どこに、注意点
こんな感じになります!