フローリングの種類は様々

2020.3.29|カテゴリー「家づくりのヒント」|投稿者 安本峰樹
家づくりの打ち合わせの中で必ず出てくるフローリング。

一口にフローリングと言ってもいろいろなフローリングがあります。

自分が思っているフローリングと、設計者や工務店が考えているフローリングが違う可能性もあります。
どんなフローリングがあるのか把握することは重要です。

木の種類だけでなくつくり方でも大きく違うんですね。
貼ってしまうと分からないフローリングの種類をご紹介いたします。

フローリングのつくり方では、大きく3通りにつくり方が分かれます。

一つ目は、良くある合板フローリングです。
1㎜以下の薄い木を貼るか、印刷したフィルムを張ったフローリングです。
コーティングされていてツルツルしている表情が多いです。
デメリットは、表面に傷が行くとすぐに下地の合板が見えるため、古くなるほど傷んだ印象になります。

二つ目は、無垢のフローリングです。
無垢のフローリングは1枚の木から切り出した板から作るため、
全てが同じ木材でできています。
木の質感が生かされています。表面のワックスや塗装によりマットな感じにしたり、ツルツルした表情にしたりすることができます。
傷が入っても、下地も同じ木なので傷が味のように感じられることが多いです。
デメリットは、元々が木のため季節により伸び縮みが発生したり、反りが出てくることがあります。

三つ目は、挽板(突板)フローリングです。
表面は2,3㎜の無垢の板ですが、裏面には合板を貼っています。
無垢の表情を出しながら、無垢のデメリットの伸縮や反りの発生を抑えています。
少々の傷では下地が見えないため無垢と同じような扱い方ができます。
デメリットは、意外と値段が高いです。

フローリングでもつくり方によって以上のように3通りに分かれます。
さらに合板フローリングでもマンション用に防音処置を施されていたり、
無垢板でも床暖房可能になっていたりと付加価値をつけられている商品もあります。

合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
合板フローリング
ほとんど目に見えないくらいの薄い木を表面に貼っています。一番上に見える層も合板です。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
挽板、突板フローリング
写真ではわかりにくいですが、一番上の層は無垢板です。
厚みは2,3mmほど。
下地が合板のため季節の動きが少ないです。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
無垢板フローリング(杉)
KJワークスではこの無垢フローリングがほとんどです。
厚みt15全てが同じ木です。
そのため、小口(断面)には年輪が見えます。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
さらに無垢板でもケイジェイワークスが採用している無垢板では厚み40mmもあります。
主に1階部分で標準採用しています。
年輪がバッチリわかりますね。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
前に上げたフローリングと比較すると存在感が違いすぎますね!
貼ってしまうとこの厚みが分からないのですが、歩いてみるとその感触が分かる方にはわかるようです!
フローリングの醍醐味はその表情ですが、木の種類によってもかなり変わってきます。
特に無垢材では木の種類で感触も変わります。

大きく分けて二通りの無垢のフローリングがあります。
【針葉樹】
杉やヒノキ、松などが材料となる。比較的柔らかめで足触りがよく、温かみがある。床座の生活に向いている。
デメリットとして、やらかいため傷が入りやすい。節がある木が基本で節無しの木は高額になる。

【広葉樹】
ナラやチェリー、カバ、メープル、ウォルナットなど。
固い木が多く傷が入りにくい。節が少ない木が多い。色のバリエーションがあるため手持ち家具とも合わせやすい。
デメリットとして、固いため慣れるまでは足が疲れる。針葉樹に比べヒンヤリ感じる。幅広の木は高額になりやすい。

色合いとしては、チェリーや赤松は赤みが買った色合いに、
ナラは、少し黄色味が入った色
ウォルナットは焦げ茶色
などなど色合いが異なりますのでお好みで。
ただし、あまり暗い色にするとホコリが目立ちますのでお掃除が苦手な方はご注意ください。


杉、メープル、チェリー、ウォルナット、松、フローリング、メリット、デメリット、無垢
杉のフローリング
無節のフローリングです。節があるのと無いのとではかなり印象が違って見えます。
杉、メープル、チェリー、ウォルナット、松、フローリング、メリット、デメリット、無垢
赤松のフローリングです。
杉よりも赤みがかっていて、杉より若干固めです。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
ナラのフローリングです。
ナラは家具でも多く使われているため家具に合わせやすい素材です。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
桧のフローリングです
桧は高い印象がありますが、節ありの場合はそこまで値段は高くなりません。
桧の香りがお好きな方にお勧めです。

合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
ハードメープルのフローリングです
メープルは明るい色合いですが、固さは非常に硬く傷が入りにくいです。
合板フローリング、突板フローリング、無垢フローリング、違い、どっち、メリットデメリット
チェリーのフローリングです
赤みがかなり出てくる固めのフローリングです。
赤っぽいパイン系の家具とも相性がいいです。

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。