お風呂のリフォームにはインナーサッシもおススメです

2020.8.19|カテゴリー「家づくりのヒント ,施工事例」|投稿者 安本峰樹
リフォームで、重視したいのは何よりも耐震性と断熱性です。
これらを改善するのは費用が掛かるため、キッチンやトイレの交換よりもレベルが高いです。

その断熱性を改善する手段は断熱材を入れる、窓を変えるというものがありますが、どちらもそこそこの費用が掛かります。
第3の選択肢に、窓を足すというものがあります。

既存の窓はそのままで内側にもう一つ窓を付けるのです。
北海道など寒い地域では一般的な、内窓またはインナーサッシと呼ばれる手法は
断熱の意識の向上で関西にも広まってきています。

今の窓枠に足すだけなので工事も1日で終わりますし、何よりも費用対効果では他の断熱工事よりも抜群にいいです。
今まで内窓を施工した、お客様は皆さんやってよかった!と喜んでいただいています。

実は浴室の窓にも浴室対応の内窓があります。
ユニットバスに帰る際に、一緒に内窓を入れると保温効果抜群です。
寒さ対策になる内窓はお風呂のリフォームの時にはご検討いただきたい部材です!

浴室、ユニットバス、リフォーム、内窓、インナーサッシ、寒さ対策、リフォーム、工務店、木の家、大阪
先日浴室リフォームした家にも、インナーサッシを入れました。
黒っぽいのが既存の窓で、内側の白い窓がインナーサッシです。
通常のインナーサッシと違い、浴室の場合は止め方や、コーキング施工、水抜き穴など微妙に仕様が異なり、施工時間も倍以上かかりますが、その効果はてきめんです~
窓の位置自体は変えていないので、シャワーの位置はなかなかきわどい位置についています。

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。