熱移動の難しさ

2019.12.4|カテゴリー「こんな事がありました ,家づくりのヒント」|投稿者 安本峰樹
先日、新住協(新木造技術研究協議会)の関西支部の勉強会に行ってきました。
講師は、代表理事の室蘭工業大学教授の鎌田先生です。

新住協ではQ1住宅と言う、断熱性を向上させた工法の普及に力を入れていて
全国の工務店や設計事務所の方が参加して日々技術の研鑽にいそしんでいます。

今回も、断熱について結構マニアックな勉強内容でした。
サッシの性能比較や大阪ではまだ珍しい付加断熱についてや、温熱シュミレーションなどなど
ブログでは書ききれない内容をみっちり4時間ほど勉強してきました。

その中で、空調方式についての話も出て元設備設計の私としては非常に興味深く話を聞いていました。
床下エアコンや階間(かいかん)エアコンなどにも取り組んでいて先駆的な技術について学ぶことができました。

ただ、問題になるのが熱の移動の問題です。
熱と言っても暑い熱だけでなく夏場は冷たい熱(と言っていいか迷いますが)の移動についてです。

温度ムラがあるとどうしても不快感や夏場は結露の問題が出てきます。

今までいろいろな全館空調の技術が出てきていますが、どれも一長一短です。
それはマッハシステムについてもいえる事です。
温熱の空気環境を作るうえでは一番と思うマッハシステムですが、住まい手にとっては合う合わないがある手法です。
また家のつくりによっては暖房については薪ストーブが良い場合もありなかなか冷暖房については難しいものがあります。
いかに熱を運ぶか、空気で運ぶのか(エアコン)、液体で運ぶのか(床暖房)、放射にするのか(薪ストーブ)熱の移動によっても手段がこれだけ分かれます。
あまり贅沢をいいすぎると、設備も難しくなってしまうので、設備計画はシンプルが一番だと思います。

いかにシンプルに熱を移動するか、それが家づくりの冷暖房で重要な考え方です。

でも、新住協の勉強会でも言っていましたが、いかにいい設備を入れてもその入れ物の断熱性能が悪ければ意味がありません。まずは、断熱気密性を高めることが、暖かく涼しい住宅の入口なんですね~
とりとめもない内容ですが、ちょっとこの辺りを形にして近々ご提案に組み込みたいと思っています。