モダンな和室

2020.4.19|カテゴリー「こんな事がありました」|投稿者 安本峰樹
先日これから家づくりをするお客様と、和室の設えの打ち合わせをしました。
和室は、畳や、床の間、襖や障子、天井、床柱、書院、仏間などなど意外と多くの要素が関わってきます。
伝統的和室にするのか、モダンな和室にするのかは大きな分かれ道です。
伝統的和室だと様式が決まっているので、ある程度似たような形になりますが
モダンな和室になるといろいろなパターンがあります。
決まりが無いので、自由に決めていいのですがやはり和室ならではの落ち着き巻は残したいところです。

写真の和室は以前施工させていただいたお客様の和室ですが
私のお気に入りの一つです。

モダンな方向性ですが、色合いの方向性をまとめています。
一部にブラックチェリーのフローリングを使っていますが、全体の色合いから違和感は感じません。
とてもすっきりと収まっています。
また写真ではちょっとしか写っていませんが、障子の格子は同一寸法の骨組みを組み合わせて作ったモダンな障子です。
そして畳は、フチなしの半畳和紙畳。
この和紙畳はおり方や色合いがいろいろあります。
以前は薄いピンクの畳を入れましたが、意外?!と似合っていて薄ピンクもありかな?と思いました。

これから家づくりをされる方は和室を採用するかどうか迷う事もあると思いますが、
たとえ3畳でもいいので和室を入れると家の雰囲気に多様性が生まれるのでメリハリがつきます。

シンプルな和室にすれば今話題のテレビ会議の場所にも使えますね!

テレビ会議、在宅、和室、どこで
こんな和室があれば、在宅ワークのテレビ会議の会場にも最高ですね!