その障子、ワーロンにつき

2021.2.15|カテゴリー「こんな事がありました ,家づくりのヒント」|投稿者 安本峰樹
E-BOXモデルハウスの障子をワーロン紙に貼り替えることになりました。
ワーロン紙とは、厳密には樹脂でラミネートした紙です。
そしてワーロンという会社で出している商品なのですが、
私たちは通称「ラミネート加工した障子紙」をワーロンと呼んでいます。

ワーロンは一見、和紙とそん色ない質感があり、かなり近づくか触ってみないと
紙との違いが分かりません。
でも触ってみると樹脂感がありちょっとやそっとでは破れません。

お子さんやペットのいるご家庭で障子を再証するときは、和紙ではなくワーロン紙の採用も一つです。
障子は、古くからある素材ですが柔らかい光加減と意外と断熱性が高いその性能で見直されています。
素材もこのようなワーロン紙を使う事で障子紙の張替という手間を省くこともできます。

モデルハウスの障子は全てワーロンに貼り替えることになりましたので、
お気軽に障子紙を触ってみてくださいね!

障子、紙、ワーロン、破れない、張替、工務店、和室、大阪、設計事務所、木の家
モデルハウスの和室にある障子。
障子越しの光も綺麗ですね~
ワーロンだとお子様が近くにいても安心です。