安本のブログ

木の家、眺望の良い、土地、不動産、大阪

2019.11.12

眺望の良い土地での新築工事始まりました!

マンションのような眺望のある家を建てたいという思いで土地探しを始めたKさんの家がいよいよ着工です。 眺望の良い土地と言うのはなかなか出会う機会は実は多くありません。 たとえ眺望が良くても、交通の便が悪かったり擁壁工事に多額の費用が掛かったり、 土砂災害の危険性が高かったりとなかなか手が出ない土地が多いのです。
大阪、木の家、薪ストーブ、建て替え

2019.11.11

箕面森町で木の家の見学会を開催しました

箕面森町でKさんの家の見学会を開催させていただきました。 今回は、会場の外で薪を使ったおもてなしもご用意。 簡易ピザ窯KABUTOを使ってピザや焼き芋を焼いたり、超小型薪コンロでお湯を沸かしてコーヒーやお茶もご用意。 日なたは暖かいですが、日陰が寒い今の時期にほっこり暖まっていただきました。
大阪、建て替え、新築、違い、リフォーム、何から、流れ、まずすること、どこに、注意点

2019.11.6

大阪豊中で建て替え工事が始まりました!

豊中で3階建ての建て替え工事が始まりました。 まずは、解体工事からです。 当初、リフォームのご相談でしたがご要望をお伺いすると 南海トラフに対する耐震性とキッチン廻りの明るさ、寒さ暑さを何とかしたい と言うご要望でした。 元々の家は、鉄筋コンクリートのガレージの上にスキップフロアの家が乗っている 一部2階の3階建ての家です。
感謝祭、マッハシステム、見学

2019.11.3

感謝祭開催しました!

今日は年に1度の感謝祭。 今年も雨も降らずいい気候でした。 朝から来場者も多く、人気のお店は早くも売り切れが。。。 にぎわった1日でした。
建て替え、新築、違い、リフォーム、何から、流れ、まずすること、どこに、注意点

2019.10.30

建て替えと新築の違いとは?

来月から豊中のAさんの家で建て替え工事が始まります。 ずっと住んでおられた家を断熱性と耐震性そして間取りの問題から 建て替えのお話となりました。 時々、建て替えと新築ってどう違うのですか? と言う質問があります。
薪ストーブ、ドブレ、640、撮影

2019.10.27

薪ストーブのある家の撮影に同行しました

薪ストーブのある家の撮影に行ってきました。 と言っても私が撮影するわけではなくプロカメラマンの撮影です。 私は、カメラマンさんの補助として荷物の移動やお客様対応としてご訪問いたしました。
建て替え、大阪、木の家、断熱、セルロースファイバー

2019.10.25

高断熱の効果が分かりやすい人

ケイ・ジェイ・ワークスの家づくりでは、高断熱の家は当たり前になっています。 高断熱を実現するためには、壁や天井、床や基礎に断熱材を適切に施工することが重要です。 さらに忘れてはいけないのは窓です。 熱の半分くらいは窓から出入りしていると言われているくらいなので、高断熱の家には 断熱性の高い窓が必須です。
小国ウッディ協同組合、小国杉、地熱乾燥、杉、丈夫な木、大阪、工務店

2019.10.21

小国杉の里を訪れました

10月19日、20日とケイ・ジェイ・ワークスと小国ウッディ協同組合共催の小国ツアーが開催され私も同行いたしました。 ケイ・ジェイ・ワークスで使用される無垢の構造材は小国杉を主に使っていますが、大阪ではなじみが無いため多くの方から質問をされます。 小国杉の良さは、杉の粘りや重さによる強さや乾燥技術、製材の丁寧さなどなどがあげられますが、実際の産地を見るのが一番と、毎年ツアーを組…
大風量小温度差、中風量中温度差、全館空調、マッハシステム、鮒鶴京都鴨川リゾート

2019.10.13

マッハシステムの研修会に参加してきました

先日、マッハシステムを主宰するFHアライアンスによる、研修会が京都で行われました。 全国から加盟している、工務店や設計事務所、メーカーなど60社近くが集まりました。 会場は明治3年に建てらた登録有形文化財でもある鮒鶴京都鴨川リゾートです。
採風雨戸、交換、通風、防犯

2019.10.5

風は入れたいけれど視線は遮りたい。そんな時は、採風雨戸

去年の台風の影響か、シャッターや雨戸のお話が家づくりの中で上がることが多いです。 あの暴風を体験すると、ガラスだけではちょっと不安になるお気持ちよくわかります。 そんな中、豊中市のSさんの家で先日雨戸の取り換えを行いました。 取り替えた雨戸は、採風雨戸と呼ばれるもので、雨戸の戸板の一部が可動ルーバーになっていて 角度を変えることで、雨戸を閉めたまま隙間を作ることができます。
パナホーム、リフォーム、リノベーション、断熱

2019.9.30

軽量鉄骨のリフォームが始まりました

最近ご紹介で家づくりをさせていただくことが多いです。 今回の、島本町のMさんの家も、以前リフォームさせていただいたKさんからのご紹介です。 今まで一桁台だった室温が、暖房なしでも十数度になったと喜んでいただき、同じように寒い家のお悩みを持つMさんをご紹介していただいたのでした。
長期優良住宅、5年点検、大阪、木造住宅

2019.9.27

長期優良住宅の5年目点検

豊中のSさんの家の点検に行ってきました。 長期優良住宅の5年目点検のためです。 長期優良住宅は、建ててからの点検が持ち主さんに義務付けされています。 外壁や屋根から始まり室内の屋根裏や床下の状況確認、付属するものなどの点検が必要です。 点検自体はなかなか住まい手さんではできないため、ケイ・ジェイ・ワークスで建てた住まい手さんは 私たちが点検をしています。
scroll-to-top