福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「彩都 日曜市」岩手県の日

2006-07-23

カテゴリー「住まいのイベント

投稿者 福井綱吉

7月22日(土)23日(日)の2日間は、岩手県からの「彩都 日曜市」でした。

岩手県森林組合連合会の平野さんと工藤さんの二人に参加していただき、海の幸、山の幸、木工製品、はたまたカブトムシやクワガタムシまでと、幅広い商品群による市となったのですが、本業の木材製品については・・・・・というと、杉の虫篭だけ?と、やや寂しいものではありましたが、まさか、赤松や杉、唐松の木を売るわけにもゆかず・・・・・・!

今回は2日間とあって、また、今日は朝から雨模様ということもあり、人出を心配したのですが、なんのその、あまり暑くも無く、行楽に行くにも中途半端・・・が、幸いしてか、結構多くの来場者でした。

岩手のお二人曰く「半年前に来たときより、何処からか来るわ来るわで、人が一杯わいてくるんですよ!?」
なんてここ最近の「彩都 日曜市」の賑わいにびっくりされていました。

色々な食材もあって、賑わう日曜市でした

「干し椎茸、詰め放題!」600円の袋と1000円の袋が置かれ、来場者はその袋にこぼれんばかりの干し椎茸を袋詰めされていました。因みに1000円の袋は全く人気が無く?600円の袋に1000円以上を詰め込む人も!?『阿蘇小国の家展示情報館』1階の土間では、クワガタムシやカブトムシが販売され、子供さんがへばりつき状態でした。

木製品のムシも一杯です。完成品から組立用もあります。
「木想家のひとたち」Kさんご夫妻と、その現場を担当した横井川君が親睦を深めています!