福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

今度は、トチノキの原板で座卓テーブルを製作依頼!

2021-08-03

カテゴリー「リフォーム・古民家再生キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

3枚接ぎしたあトチノキの天板!

 

毎月のように無垢の木で、テーブルやカウンターを製作しています。。。

今回は、小国館に展示していたトチノキの天板を利用して座卓テーブルの依頼です!

テーブルの高さは400mm。

座面の低い背付き座椅子で使うテーブル。

淡い色合いが似合うブラックチェリーの床のお家に納品予定です。

 

2方向がノタ付きの3枚接ぎの原板!

厚みは30mm以下ですから割と重さは感じません!

厚みが26mmで、幅が770~800mm、長さが2105mm。

小口が尖っていますから、自然な感じで4方を丸みを持たせて・・・・・

脚は80mmの角材に底にアジャスターをつけて、テーブルの裏を座彫りして設置金物を埋め込み。。。

脚には天板固定用の金物を設置。。。

 

塗装は購入される住まい手さんがご自分でワックスを塗り込み予定。。。

ちょっと手ほどきは必要ですが、懇切丁寧に施せば、誰にでもできる塗装です!

購入者自らが塗装することで、このテーブルに対して更なる愛着がわきます!

自身が製作に少しでもかかわる家具づくり!

これが本来のモノづくりだと思いますね!

 

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie