福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

彩都でひとりがちの会社?です!

2005-09-18

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

朝から彩都「暮らしのギャラリー木想館」で来場者の対応の日です。土日と祭日は、打ち合わせや儀式がない限り、正装して、来場される方の対応をしています。私にとって、過去51年間、全く有り得なかった慣れない仕事に、どう対処し、どのようなフォローをして良いものか、若干、戸惑っています。

まあ!今までどおりでも良いのか?と思うのですが、今までなかった行動をしているのですから・・・今まで通り、肩に力を入れるのではなく、自然体で、お世辞もせず、わかりやすい説明や対応を、お客さんの反応に準じて対応させて頂くことが、長い目で言うと、いいことか!なんて思っております。

今日は同時に、池田市内で、「Sさんの家完成見学会」(予約制)も開催しており、休日というのに、多くの社員がその対応に当たっています。予約制とはいえ、今日は15組は確実にSさんの家には来場される訳で、彩都「暮らしのギャラリー木想館」より、忙しかったようにも思います。「木想館」には、新築の話で来られる方とは限らず、家具やキッチン、椅子、小物などを見にこられたりする為に、ぶしつけな問い合わせもしにくく、再来場されたときに、また、気長にお聞きすることが良いようにも思っております。

ところで、この彩都には、食堂が全くありませんので、今日なんぞは、彩都1のおお流行店舗であるデイリー「Y」にパンとおにぎりを調達に行ってきました。今のところ、他に進出するコンビニもなく、地域一番店という「もてもて」のお店です。近くにお住まいのお客さんというよりは職人さんや現場監督さんなどのほうが、はるかに多い状況です。・・・まあ、今日は、現場も休みが多く、半々といった来店でした。

デイリー「Y」に、負けないお店にならないといけませんね!