福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

南部赤松と高野槙の家の仕上内容は!

2005-03-20

カテゴリー「新築(木の家・施設・大型パネル・E-BOX)

投稿者 福井綱吉

昨日と今日開催したIさんの家の内容と仕上を少しご説明しますと、敷地は20坪の狭小地で昔、淀川の氾濫河川だった為に非常に軟弱な地盤でした。

Iさんが大のOMファンで木造3階建ての2階をリビングやダイニングにした気持ちの良い家に仕上がりました。

柱や窓枠、開口等の造作枠に高野槙を使用、梁桁や階段材、玄関カウンター天板等を南部赤松で仕上げ、外壁には信州唐松材(保護塗装仕上げ)と「藁スサ入りさかんかべ」で仕上、床や天井はロシア赤松、外部デッキの床すかし壁とも信州唐松仕上としました。

壁には土佐和紙と水性ペイントで調湿効果を考えた仕上となっています。

キッチンカウンターやテーブル、書斎テーブルは岩手産のセンでつくりました。