福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

女神湖近くで陶芸教室をしました

2005-07-17

カテゴリー「住まいのイベント

投稿者 福井綱吉

今日は、『信州唐松の山を見るバスツアー』2日目です。車山のホテルで朝風呂を楽しんだ後に、ビーナスラインで車山から白樺湖、そして女神湖に向かう途中の陶芸工房に立ち寄りました。本来は、この陶芸の後、ビーナスラインを再度、車山に戻って美ヶ原経由で和田村に降りる予定でしたが、朝から都市部の大渋滞に勝るほどの交通渋滞となっており、このコースは断念する事となりました。それでも女神湖方面はガラ空きの道路事情でしたので、何はともあれ、ほっとした次第です。

写真は、本日のメイイベントである電気ロクロを使ったにわか陶芸?です。最初に工房の代表である北條さんから、工房の案内と今日の陶芸の内容について話を聞いたあと、参加者に其々2作品づつつくって貰い(この部分までを参加者が頑張る!)、その作品は、自然乾燥を1週間ぐらい施した後、釜に入れ、素焼き状態にし、上薬を塗って、再度、高温釜に入れて完成。本日から1ヵ月半後には、参加者各自の自宅に届くという仕掛けです。

写真右で電気ロクロを廻す二人の女性は工房のスタッフで、参加者の方がロクロを廻して形をつくり始めるまでの作品の粘土下地をつくって頂いている様子です。この作業は、とても初参加ではいきなりできる事ではなさそうです。写真を見てお分かりのとおり、参加の皆さん、すっかりご満悦の様子で、説明を聞くのも作業にも一生懸命でした。

5月の「土佐の山を見るバスツアー」での漉き和紙(土佐和紙)体験に続いて今回の陶芸体験をされた方も数名おられ、このツアーを通じての友人関係も、ちょこちょこ生れています。こうしたKJ WORKSの林産地ツアーを通じて仲間(友人)となって、お互いの自宅訪問もKJ WORKSとは関係ないところで進んでいます。犬が欲しくって分けてもらったとか、OMの聞き具合を知りたくって訪問したとか、夏の室内はどんな心地かなどなど色々です。

建売住宅やプレハブメーカー、フランチャイズ廉価住宅など、つくり手と住い手がお互いを開示しきれない家づくりでは、不満やクレームなどについて話が一人歩きしてしまい、とても怖いOB客交流なのかも知れませんが、お蔭様でKJ WORKSではこの交流がとてもありがたい紹介客というか、家づくりを考えておられる方々にとって、大いに勉強になる先輩OB客との交流となっているようです。

信州はかなり遠く、今回は3連休の3日目が祭日とあって、2日目で帰る日程が少しは救いもあるのですが、大阪駅に着いたのは8時半とちょっと遅すぎたのがマイナス要素でした。これからも、もっと、楽しんで家づくりの参考になる『気心の知れた他人同士ツアー!』を考え続けたいと思います。

本日、参加の皆様、本当にお疲れ様でした。