福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

信州唐松の山を見るバスツアー初日です

2005-07-17

カテゴリー「住まいのイベント

投稿者 福井綱吉

朝、梅田に集合して、午前8時に出発したのですが、3連休の初日という事も相まって、名神高速は大渋滞で、伊那市のみはらしファームへの到着が1時間も遅れてしまいました。みはらしファームでバイキング方式の昼食を済まし、その日の予定に入っていた信州唐松の伐採現場見学は、明け方からの雨で山の足元が悪く中止することで、後の見学を予定通りとし、本来の唐松伐採が見えないというちょっと悲しいスケジュールとなりました。

食事の後に、伊那市の家具工房を見学、その後、和田村の野沢菜漬け工場の見学、そして今回の信州側の主役である信州唐松の製材工場「小林木材」の見学をしました。小林木材の作業予定にはKJ WORKSの3物件の加工予定が入っており、その中に、現在建築中で今回のツアー参加されたBさんご夫妻の予定(床材)も記載されており、ご夫妻!子供のように喜んでおられました。やっぱり、ご対面って嬉しいですよね!

写真は伊那市の家具工房で工房の有賀さんから色々な椅子やその素材、その特徴、などなどを聞きながらの楽しいいつまでも帰ろうとしない?!ひと時でした。写真に写る木箱は間口が116cm奥行35cm、高さ68cmの全て違う小板を引き出しに使った品物で、染色は全くしていない素材そのもので仕上げた代物です。皆さん欲しそうな顔でしたが、相当な手間作業の製品のため、価格は45万円ということもあって、ものを見ると買いたいのですが、ちょっと手の出ない雰囲気でした。