福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

恒例の掃除と取材と『Furniture Studio かぐら』の飾りつけ

2005-09-02

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

朝8時半から、毎週金曜日、恒例の朝掃除を先週に続いて始めました。土曜日と日曜日は、「木想館」への来場者の方々が来られる頻度が多く、展示場を持つOM加盟工務店仲間の習慣を取り入れてみました。その掃除が終わる頃、「木の家に暮らす」のライターの平山さんとカメラマンの山口さんが来場されました。

彩都「暮らしのギャラリー木想館」のコンセプトや自社の敷地に他の工務店を参加させる意図、今後の展開などについて多くの質問を浴びせられ、その内容に沿った写真撮りも終え、午後からは、彩都内にお住まいのYさんのOMの家を取材する等、かなりハードな内容となりました。

そして今、明日の内覧会を控え、KJ WORKSのスタッフは、最後の飾りつけに大忙しです。私以外のスタッフに言わせれば、あまりにも多くの木材を多様している為、テプラで名前のシールを全て貼っておかないと「いったいこの木は何の木?」と尋ねられても、解答ができないのが実情で、言葉には出さないですが、皆、困ったものと顔に書いています!ですが、こうした住宅業界では、まず、有り得ない木へのこだわりに率先して取り組み続けることで『木の家づくり』なら、KJ WORKS。『木の家づくり』は、「木想家」といわれるように成れる気がしてきます。

写真は、『Furniture Studio かぐら』のようやく、さまになってきた今現在の様子です。