福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

クラフト館の広葉樹原板とわが家のOM

2005-09-26

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

24日(土)のことなのですが、現在、OMの家を建築中のSさんとTさんが、キッチンカウンターやバックカウンター、ダイネットカウンター、書斎カウンター、洗面カウンターなどを現物を見て決められる為に、「木想館」に午後からやってこられました。もちろん、他の実施設計での確認事項もあったのですが、『Furniture Studio かぐら』や『阿蘇小国の家展示情報館』で、色々な部分に使われるカウンターやテーブルを参考に、実際の倉庫内にある原板を見て、決めたかったのです。

倉庫内にある原板の多くは、長さが2.3メートル以内が大半で、キッチンカウンターや書斎カウンターは3メートル近くあって、お二人とも中々、決断ができません。繋げば良いのですが、せっかくだからと、3メートルの材を探します。これも、今だからできることなのですが、長尺物は、早い者勝ちといった感じです。

長い材は、産地にはあるのですが、その場合、KJ WORKS倉庫内の材とはかなり割高となって、ある中から選ぶしかありません。・・・ですが、900本から選ぶのですから、ある意味では、面白いことなのです。結局、お二人とも選ばれたのは、3.0メートルサイズのセンの木となりました。他に、カツラでダイネットカウンター、カバノキで、洗面カウンターにもされました。

クラフト館内の木材倉庫です。原板が一杯です。

よく見ますと、マジックで、製品名を書いてあります。そうでないと、原板は良くわかりません。

話は変わりますが、先ほど、私、ウォーキングから帰って、シャワーを浴び、家族のために、湯船に43℃のお湯を張ったのですが、9月26日現在、まだ、給湯器の力を借りず、OMのお湯取り機能である貯湯タンクから利用しています。OMソーラー、中々、賢いやつです。