福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

漆器を買いました

2005-11-02

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

私のブログには、Sさんが良く出てきます(高槻のSさん、芦屋のSさん、吹田のSさん、池田のSさん、精華町のSさん、東大阪のSさん、神戸のSさん、宝塚のSさん、川西のSさん)が、今回は豊中のSさんとの話です。

昨日、豊中市にある江戸時代に建てられた庄屋さんの古民家を改修して多目的ギャラリーとなっている「桜の庄兵衛」さんへ、豊中市のSさんと一緒に漆器の作品展に出かけました。このギャラリーは、Sさんのお友達であるOさんが運営されるギャラリーでSさんもその案内の段取りやDM手配などを手伝っておられるのです。

私とどういった関係があるのかというと、Sさんは友人であるOさんの近くに木の家を建てたくって、長い間土地を探しておられます。もちろん今も探しておられるのですが、Oさんと一緒にいつも、ギャラリーの案内用紙に和紙を使っておられ、その和紙を最近では私が調達しているのです。といっても、大した問題ではなく、「木想家」を建てる際に、残る壁紙である土佐和紙を時折、お渡ししている関係なのです。そうしたことで、今回も先日の土佐の帰りに森鹿製紙さんから貰った傷ものの和紙と現場の残りをお渡ししました。

当日は、ギャラリー「桜の庄兵衛」さんで、林源太さんの漆器作品が展示販売されており、見学する内に思わず、ご覧のような漆器を買ってしまいました。座の木部以外はカヤと呼ばれる布を7層に張ってその上に漆を何工程にも渡って作った器(左)や欅のスプーン(上の5本:カレーを家族で食べてみたくなって買ってしまった)、右利き用のヤマザクラのシャモジ、小さな欅のスプーン(2本:コーヒーやアイス、プリンなどを食べる時用)、お菓子用欅のフォークなど、漆器ですから結構な買い物となってしまいました。

まあ、最近は、彩都に移転して以来、食事は出前の弁当@450,-か家からの弁当(タダ!)、コンビニでのパン(@500ぐらい)・・・・・と、あまりに質素な状態が続き、街中に出ることも全く無く、小遣いが溜まって?仕方なく???財布の中身で、つい図に乗って買った次第です。