福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

ようやく、彩都発の家づくりが動き出しました

2005-12-12

カテゴリー「伝えたいコト

投稿者 福井綱吉

彩都「暮らしのギャラリー木想館」に移転した当初は、来館者は多いのですが、どの人が家づくりの相談者で、また、家具の相談者なのかもわからないまま、ただ精一杯、来られた方の対応することで必死でした。

ところが、毎日、一生懸命対応できた証なのか、10月中旬から、少しずつ、家づくりの相談者の方が増え始め、今月に入るとかなりの人が設計打ち合わせをしていただけることとなってきました。本当にありがたいことです。

吹田市に本社のあった頃とは、問い合わせ頂く方の住所も変わっています。以前であれば、堺や東大阪、神戸、高槻、枚方、奈良と非常に幅広い地域からの問い合わせが多かったのですが、箕面市の彩都という北摂の地域に根ざした告知を始めた効果なのか、池田市や豊中市、箕面市、高槻市、茨木市といったわりと本社から近い方々からの問い合わせが多くなってまいりました。

もちろん、京都にも事務所を構え、京都方面も根ざす地域ですので、その告知にも一生懸命です。

それと、今までの木の家づくりとは一味違った形の木の家づくり(大壁中心)も出始め、KJ WORKSの設計力も今後、その力量を問われようとしています。そうした中、先日もお伝えしたとおり、KJ WORKSオンリーの設計力にも家づくりの幅に限界もあって、その幅を広げる意味でも、外部の設計者とのコラボレーションも当然ながら必要に迫られる様な感じとなってきました。

設計事務所の下請け的な家づくりは今後とも決してすることはありえませんが、自社設計とは一線を引いた別組織での設計事務所運営的な家づくりもできるようにと現在、その形を作り上げる最中です。

施工力を全面に提携できる建築作家を数名探し出し、その中には女性作家も含めた魅力のある設計運営組織として、新しい機能を持った面白い木の家づくりができる方向性を来年から新たに開始します。