福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

今日は今年最終のイベント日でした

2005-12-12

カテゴリー「住まいのイベントくらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

今年も、もう直ぐ正月になろうとしています。

8月に彩都へ引越ししてから、それまでのKJ WORKSがしていた建築屋家業が一変しました。吹田市に本社があった頃は、イベントといえば建築現場での見学会とか、近くの会館をお借りしての住まい教室だけでした。

ところが、彩都に移転してからは、会社のある「木想館」そのものがイベントスペースであり、見学会場であり、住まい教室であり、彩都・日曜市の広場であるのです。当然、各地の建築現場も見学会場となっている訳で、その段取りも事前に計画的で合理的に企画しないと開催実行すらできません。

ましてや彩都・日曜市の場合、主に各林産地の皆さんと事前に打ち合わせをしておかないと、とんでもないご迷惑をかける事にもなりかねず、開催すらできませんし、物販をする限り、売れ残りはご法度(特に生ものは)ですので、本当に大変です。そして、こうしたイベントがKJ WORKSの彩都「暮らしのギャラリー木想館」として、地域での認知や告知にどのように役立つのかも常に評価していくことが本当に大事な事となっています。

KJ WORKSの彩都「暮らしのギャラリー木想館」が、街中から離れた場所にあって、色々なイベントの連続と継続の評価によって、住宅メーカーとは違う木の家づくりの個性を多くの人たちに認識していただき、また、地域に根ざす社会貢献できる木造施設建築の会社としても評価してもらえるよう告知する努力も大いに必要です。

そんなこんなを、彩都移転前から考え模索してきたら、もう直ぐそこに正月が見えてきました。昨日と今日の2日間、高槻市と枚方市でOMの家の完成見学会を開催し、「木想館」近くに建築中のNさんの家の現場と「木想館」多目的ルームでは、家づくり講座(第3回)を開催、「木想館」広場では、ご覧のように吉野町の阪口製材所さんによる彩都日曜市を開催、「木想館」全体としては店舗として常時オープン状態と・・・・・かつてのKJ WORKSでは考えられない出来事です。

そして、「木想館」は、25日までオープンしていますが、今日、ようやく今年最後のイベントが終了いたしました。みなさん本当にありがとうございました。