福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

東京の食い物もたいしたもんだ!と思ったのに?

2005-12-15

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

KJWORKSも協賛した、吉村順三建築展(東京藝術大学大学美術館)の見学と、夕方からの打ち合わせ、そして、明日午後からのSAREXのワークショップを兼ねて今日は東京で宿泊です。

毎度の事ながら、総務のボス、宮本女史にホテルの手配をお願いしております。馬鹿高い高級ホテルの宿泊を望む気持ちはいささかもない私なのですが、前回(先月)に続いて今回も、モーニングコールは?ご覧のような目覚まし時計なのです。幾ら安いホテルで良いといっても、これはあんまりだと思うのです。長い人生の中で、この目覚まし時計は、生まれてこの方2回目です。もちろん、民宿は別ですが・・・・・

しかも、明日のワークショップが錦糸町というのに、何故か、不便な築地なんです。何で築地?

そう思い、ぶつぶつ独り言をつぶやきながら、ひたすら歩き、駅に着き、電車を乗り継ぎ、また歩き、ようやくホテルに着きました。かなりうらぶれた築地市場に縁のある商人が泊まる宿って感じのホテルに若干、気持ちが萎えながらも、「そうか!築地といえば新鮮な魚介類が安くて美味しいのでは?」そう思いなおし、市場界隈を歩き、市場の仲介業者の路地で、美味しそうなお店を発見。

市場の仲買人の「○○水産」とか「△□物産」などが入り乱れた建物の路地がお店のカウンターです。そのカウンターに座り、次のようなメニューを矢継ぎ早に注文しました。

生1丁。カンパチの刺身(脂がのっていた)。本マグロの炙り焼き(品切れ)。小イカの炙り(こりこり甘い)。アナゴの天ぷら(ぷりぷり!)。麦焼酎のお湯割り。

とろとろ湯葉のウニ乗せ(ウニも湯葉もお粗末)。おばんざいの3種盛り(石川芋のきぬかつぎ・かぼちゃ・なすび:おばんざいと言う割に普通というかがっかりの味)。芋焼酎のお湯割り。蛸の天ぷら(最悪!)。

このお店の料理、生1丁からアナゴの天ぷらまでは大当たりで、東京の食い物なんて高いだけで食えるか!と思っていた大阪の概念を吹っ飛ばす美味しさにびっくり(お腹がすいていたこともあるが・・・)。「悔しいけど美味しい!」そのまま美味しい料理が続いて欲しいと思いながらも、かたや下手な味付けもあって欲しいような?複雑な思いで注文を続けたら、期待通りに?京都名物の「おばんざい」を名づけた料理は今ひとつ、蛸の天ぷら(関西では通称、蛸天)に至っては、硬くって噛み切れない、なんと下手な料理なこと!期待と落胆に複雑な思い。

けど、次回、もう少し、食い歩けば、築地市場と言うだけあって品物は安く、ひょっとすると美味しいお店もあるかもしれないと、次回を期待してみたくなりました。そういう意味では、宮本さんに選んでいただいたホテルに感謝しなければいけません???

けど、ホテルの目覚まし時計は、勘弁して欲しいし、ユニットバスはトイレ・洗面の3点セットで、広さは畳0.7帖ぐらいと、生意気な贅沢はいっちゃあいけないのかも知れませんが、51歳にもなって会社を経営する立場としては、ちょっと惨めな気にもなる今日この頃でした。

けど、泊まれるだけで感謝しないとね!

JR上野公園駅からゆっくり10分も歩くと、ご覧のような東京藝大の大学美術館が見えてきました。

なんと、ベッドのヘッドには、モーニングコール用の目覚まし時計が置いてありました。