福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

SAREXのついでに今朝は高崎まで・・・・・

2006-01-29

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

昨日のSAREXワークショップを兼ねて、今朝から高崎にお住まいのお客さんのところに家づくりのプラン打合せに行ってきました。

いつもの事ですが、SAREXのワークショップは、内容が盛りだくさんで、つまらない内容であれば、寝てしまいそうになるのですが、結構、私たち工務店の経営者にとっては、実に為に成る話ばかりでついつい、集中的に見聞きするものですから、終わるとクタクタになります。仮に、寝ていると、正面の司会者である野辺さんが、いきなり「帰れ!」っと、怒鳴りそうで?誰も寝れません!?

昨日は、その後、錦糸町駅近くで懇親会をして、更に、私自身は、野辺さんに聞きたいこともあって、横浜の柴さん(友人)も伴って、品川で1時間ほど話し合い、ようやく、昨日は品川で終了でした。もちろん、メールチェックとブログは例の通りホテルでしましたが・・・・・・

そして今日は、今朝8時過ぎにホテルを出て、JR品川駅を出発し、東京駅から上越新幹線で高崎まで1時間、待ち合わせのFさんとプラン打合せをしたのが2時間、とんぼ返りで東京へ1時間、東京から新大阪へ「のぞみ」で2時間半、新大阪の駐車場から自宅まで1時間かけて帰宅したのが午後5時半。

ホテルから自宅までの所要時間9時間半のうち、仕事(打合せ)をしたのは、2時間だけで、あとは移動時間と歩くか、待つか、食べるかと、昨日の疲労も重なって、中年には結構堪える2日間でした。

車での移動であれば、四国であれ、信州であれ、北陸であれ、苦にはならない私なのですが、何故か、新幹線や飛行機は疲れます。

でも、毎月通うSAREXは、建築を正業とする私にとっては、家づくりの正しい勉強の場であり、世の中や循環型環境社会で工務店があるべき姿を模索できる最高のワークショップの場でもあって、その時間の充実で、帰ってからの疲れはストレスにはなりません。

発表者は、SAREXコラボレータの岩崎繁昭氏です。この日は「第3世代の住宅供給者」の今と今後予測についてでした。

とにかく、参加者みんな、真剣なのです。この日は、工務店や発表者、資材・技術支援関係者を含めると35名ほどの参加でした。