福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「木想館」を示す看板はついたのですが・・・・・

2006-01-31

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

今年に入ってから、T社?から、ご覧のような看板掲載の話が舞い込んできまして、彩都に入ってから最初の3差路付近にその設置をすると聞いて、大喜びで、お願いをしました。

そして、3日ほど前に、その3差路近くに設置されたものを確認しました。右折する時に、「暮らしのギャラリー木想館」と「KJ WORKS」は、全く見えず、阪急彩都ギャラリーとUR都市機構宅地分譲とア・ディ彩都以外、全く見えません。

毎月1万円の看板ですが、その看板から見えるところまで車で近づくと、本来、右折する3差路を大きく超えてしまいます。

何か、悲しいやら、ムカつくやら、実に情けない限りです。たった1万円とはいえ、年間黙っていても12万円。出来たものは仕方ないのですが、もっと、真剣に場所確認やその設置による状況を分析するべきでした。

こんないい加減な感覚で、家づくりを考えて、初めての土地探しで、感覚的に契約してしまっては大変です。この看板は金額が少なく諦めは若干はつきますが、土地の場合はヘタをすれば取り返しがつきません。

皆さん、私のように、気まぐれで適当な返事をしないように気をつけましょう!

もちろん、こんな私でも、土地探しのお客さんと一緒に見て分析する場合は、ちゃんと冷静に!覚めた目で分析できるのですが、こんな時は怒られる人がいないので、いい加減すぎて困ったものです。

看板の傍まで近づけば、下から2段目に何とか「木想館」と見えますが、その横のKJ WORKSは読めません。然るに・・・・・・

然るに、この写真より後10メートル手前の3差路を右折する方向が、KJ WORKSの「木想館」なのです。と言うことは全く見えませんし、全く気がつきません。情けない限りです・・・たく〜〜〜!