福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

離宮八幡宮と山崎津

2006-06-07

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

今日は、埼玉県川越市で、全国OM経営者会議初日ですが、私たちKJ WORKSの4人組は、昼一番からの参加は設計部の山口君のみで、私を含めた3人は、晩の懇親会からの参加でしたので、これといった報告はありません。

そこで、先日、島本町山崎で打ち合わせ時間に少し余裕があったものですから、JR山崎駅直ぐ傍の離宮八幡宮にお参りをして、その社寺と山崎の歴史も学んだことについて触れてみようと思います。

平安時代のその昔、清和天皇の時代に、僧行教が山崎津の山に霊光を見たそうで、そこで、その地を掘ると岩間に清水が湧出したので、国家鎮護の為の「石清水」の八幡宮を此処に創建したといいます。また、丁度、嵯峨天皇離宮の地でもあった為、現在では、「離宮八幡宮」と呼ばれています。本来の「石清水八幡宮」はこの宮なのですが、鎮座後、対岸の男山にも分祀され、以後、その地が「石清水八幡宮」と呼ばれるようになったとか。

また、幕末の「禁門の変」で長州藩屯所となった為、兵火で消失したものの、それまでは水無瀬川より円明寺に及ぶ広大な神領を有し「西の日光」といわれるほどの宏壮優美な「社殿を構えていたそうです。

また、山崎津の地は、清和天皇の頃に、当社の神主が「長水」という道具で「荏胡麻」を絞って油を採り、神祀りの灯火に用いたのが始まりとなって、室町時代には、宮廷はもとより全国の社寺や一般の人々までも、油といえば、山崎産のものを使わない人はいなかったとまでいわれるほど有名な「油発祥の地」でもあります。

・・・と、今日は、大阪府島本町にある離宮八幡宮について説明させていただきました。