福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

建売とはいえ、ぱっと見は普通の家です!

2006-06-13

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

彩都「暮らしのギャラリー木想館」東横で、ご覧のように合わせて6棟の建売住宅が建築されています。

2000万円もしないこの家、出来上がれば『KJ WORKSがつくる「木想家」と何処が違うの?』と、一般の素人の方に聞かれてどう答えようかとふと思ってしまいます。

ですが、冷静に基礎から上棟、屋根工事、断熱工事、壁仕上げ、内部仕上げ、外部サッシの数と設置内容、建材メーカーのオンパレードの規格品仕様の建具や設備機器、床材、樹脂クロス、通気の無いサイディング外壁などをじっくり見たら、幾ら安くても家づくりを知っている人なら、普通はわざわざ一生のローンを組んでまでは買いません。

しかも、デベロッパー(売主)がいて、何処かの建売工務店が一括受注して、それをまた、下請け工務店が受注する!それでもそれぞれの会社に利益が出る!

KJ WORKSの「木想家」の場合、自社で設計して、自社で大工や左官職人など各職方を抱え、家具やキッチンまでも自社でつくる、それでも利益はそんなに多く出るものではありません。

それじゃあ、どう違うのか?そんな疑問のある方は、ぜひ、この建物を遠くからみながら説明しますので、彩都「暮らしのギャラリー木想館」までお越しください。