福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「木想館」の石釜

2006-06-01

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

温かくなったことで、来場者に好評だった薪ストーブによるピザや焼き料理ができなくなりました。そこで、昨年信州で知りあった友人の阿部さんや大蔵さん、横浜の柴さんたちとKJ WORKSのスタッフが一緒になって、3月24日につくったのが、この石釜です。緑も豊かになった最近は、土日祭日のイベントに限らず、ウィークデイでも盛んにお昼の料理に使われるようになり、重宝がられています。焚口の煙で燻された黒い表情が、その使用頻度を物語っています。