福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

大阪のど真ん中に風の流れる自然派木の家!

2006-07-08

カテゴリー「家づくり相談(土地さがし・建替え・リフォーム)

投稿者 福井綱吉

先日ブログでご紹介したイチゴとキュウリが家庭菜園で育つという、大阪のど真ん中に建つ、OMの家、Iさんのお宅に急遽、本日の午後から駆けつけてきました。

狭い全面道路から、正面に旗状態で奥に行き、その奥が少し右にくびれてまた広がる旗。要するに旗旗の家なのです。一般的には旗(建物を計画)のついた竿(全面道路に面した通路)という意味で、旗竿の土地というのですが、この土地は、旗の奥にまた右にくびれた旗なのです!

昨年の9月に引き渡して以来、入居後はじめてお邪魔することとなったのですが、このあたりには、注文住宅などという代物はほとんどなく、古い家か建売住宅が大半です。そういう意味では、実に貴重な建物?だと思います。

旗旗な土地ということと、東隣には、建売住宅がみっしり、北には路地が、南、西と家は密集しますが、建物と建物の間に妙な隙間が一杯できています。そんな密集地ならではの路地の隙間から、心地良い風が、東・西・南・北から頻繁に家中を流れます。

OM暖房も良く効くようですが、私と全く同じ意見で、春から秋にかけてのお湯取りが一番びっくり効果と感じられるそうでした。そんな不思議なOMのお屋敷に本日、御呼ばれとなった次第でした。

昨年の春の墨だしの状況です。正面奥から右に建物はくびれます。

  

正面の道路は奥行きがなく、ドアップには上手く写せません。外観や室内階段を見て頂いても、奥の方は建物もやっぱり右にくびれています。

 

左は、ジュニアが私に、家庭菜園に育ったプチトマトを採ってくれています。
右には、ご主人の趣味である音楽道具、ギターなども並んでいます。そしてロフトもあります。