福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

狭小地のリフォーム相談

2006-08-18

カテゴリー「家づくり相談(土地さがし・建替え・リフォーム)

投稿者 福井綱吉

正面とその右手前の建物2棟がリフォーム対象の家です

大阪市内で喫茶店を営業しておられるIさん(OM杉の家)の紹介で、狭小地に建つ築32年の建売住宅2棟を1軒に改修する依頼を受け、お伺いしました。

現在住まれている建物は、ちゃんとした構造を考えないまま工務店任せの増改築を繰り返した為か、2階に上がると非常に不安定な建物でした。もう1棟は、空き家になった隣家を購入後、仕上げのみリフォームして暫く借家にされていた為か、わりとしっかりした建物でした。といっても、火打ち梁や筋交もほとんど無い、その時代らしい建売です。

そんな2棟の建物を暮らしやすく生かせるリフォームは難しく、わりと無事な後者の建物に水周りや寝間、床の間などをまとめ、現在住んでおられる建物を解体して、平屋で、家族皆が集まれる大きなリビングとして増築する話を確認してきました。もちろん、周囲から流れる風を最大限に生かす工夫は常識です。

今日で3回目の訪問なのですが、前回まではリフォームについて、じっくりと話し合い、今日はしっかりとした内外の実測や床下、天井裏、小屋裏、構造柱、構造梁桁、壁など隅々まで見渡しました。・・・といいましても、大汗をかいたのは、設計の山口君と営業の安本君であって、私はといえば、口や目が大忙しで、汗はちょっとだけ!その場ではかなり申し訳ない状態でした。