福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「木想館」オープン1周年感謝祭、大成功!

2006-09-10

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

朝起きたら、自宅の奈良は快晴でした!天気予報では、大阪は午後から天気が怪しいとか?!

そう思いながら彩都に向うと、やや曇り空に!私が到着した午前8時過ぎには、バーベキューパーティー1式を受け持った中島工務店のトラック(中島紀于社長の一言、テントとバーベキューセットは俺に任せてくれ! )は、既に到着済みで、暫くして、「木想館」敷地内に4トントラックを横着けして、資材などを下ろし、テントを5棟張り出したら、スコールのような土砂降り!

中断して再度、テント張り。また土砂降り・・・・・3度繰り返した後にテント張り完了。テーブル、椅子、ドラム缶の半割りでバーベキューの用意、加子母産直市の準備なども完了し、10時を過ぎだすと、野菜や食べ物目当ての彩都の住人さんたちが登場。そのご一行と共に、予約の参加者の方々が徐々に集まってきました。

開催予定の11時には、まだ予約客210人(スタッフ関係約30名は除く)に50人ほど至らず、15分遅らせての開催となりました。私の開催の挨拶の後、長野県長和町の小林木材社長、奈良県吉野町の阪口製材所の阪口専務、熊本県小国町の小国ウッディ協同組合の児玉専務の挨拶(残念ながら、土佐と岩手、旭川は欠席)と続き、最後に彩都「暮らしのギャラリー木想館」に出展頂いている岐阜県中津川市の中島工務店、名物社長の中島紀于さんから、歯切れの良い言葉で国産木材による木の家づくりのPRと祝辞。そしてビールやジュース、お茶で乾杯の大合唱。

早速、バーベキュー開始で、皆さん空腹なのか、大人数ゆえの闘争心が始まって、バーベキューの会場は大盛況となりました。ゆっくり食べたい人は「ファニチャースタジオ かぐら」で物色しながら冷房で涼んでおられます。

当日は、打ち合わせが4組も入っていて、打ち合わせの最中、会場からビンゴの声が!連呼!連呼!

1年前のグランドオープンも人の数ではびっくりでしたが、その時は結構、スタッフも来場者も皆、緊張気味でした。ところが今回は、KJ WORKSや中島工務店で家づくりをされて既に住んでおられる「木想館」の応援団家族が4分の3と多く、また、これから建てようとお考えの方々も多く、非常にリラックスな関係で、皆さん、大うけでした。

とにかく、大盛況な1周年感謝祭でした。来年は2周年、再来年は3周年と毎年続けることが楽しみになった1日でした。ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。

その様子を少し写真でお知らせします!

午前10時半頃の会場の様子

参加の皆さんは、椅子席を確保されています

私から開催の挨拶です!「おい!そこの人、私の話を聞いてよ!」なんて言っているように見えますが、決してそんなこと、滅相もありません!

左から長野県長和町・小林木材の小林社長、真ん中が奈良県吉野町・阪口製材所の阪口さん、熊本県小国町・小国ウッディ協同組合の児玉専務理事の3人も挨拶されました。

ご存知!中島紀于さん。年季も入って落ち着いているし、私と違って声もでかい!ど迫力です。

バーベキュー会場は、大盛況です

司会進行の宮本さんは、ビンゴの証拠であるカードをジュニアに突きつけられ、商品を要求されています

※ところで、挨拶のバックに盛んに出てくる木材の端材は、KJ WORKSの現場で発生する木材端材を、現場で産廃処分するのではなく、全て「木想館」に持ち帰り、KJ WORKSスタッフの手によって寸法カットされ、薪ストーブ燃料用に並べられた薪置き場です。KJ WORKSで建てられたお客さんや今設計中のお客さんには薪ストーブ派も多く、この薪は無くてはならない品物でもあります。