福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「木想館」の薪置き場のこと

2006-09-13

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

私たちKJ WORKSでは、建築現場で不要となった木材端材を産業廃棄物として処理するのではなく、少しでもリサイクルして使いきれる行動を実践しています。

「木想家」に薪ストーブを設置して頂いたお客さんの「ストーブ燃料」として、現場の不要木材端材を使って頂いています。

各家庭にKJ WORKSから納品するのではなく、各家庭から「木想館」にある薪置き場まで引き取りに着ていただくのです。その際に、500円払っていただき、必要なだけの薪を持ち帰っていただくのですが、来られた際に私たちとも親睦が図れて、ちょっとしたメンテナンスやお願い事なども双方やり取れ出来る1石2鳥な方法となっています。

来て頂くだけの価値ある「木想館」である為には、いつきて頂いても喜ばれるもてなしと、飽きない「木想館」であることが非常に大事ですので、「ファニチャースタジオ かぐら」や「クラフト館」などを中心に、肩のこらない、気さくで、魅力あるお店にし続ける努力をしたいと考えています。

そうした行動が、船井総研さんの日刊ミウラeレポート(三浦康志さん)に掲載されました。ありがたいことです!