福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

あれこれの模索から「当たり前の家」に辿り着きました

2007-05-01

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

2月頃から工務店としての財務体質改善と、KJ WORKS社員から各種職方さんまでがお客さんの家づくりを、心から自分の家づくりと思えるための「木想家を良くする会」の発足への試みを進め・・・・・

3月からは、現在のホームページを、自分たちの作り手としての想いからお客さんからの視点で見られるものに変えようと考え、8月下旬の全面リニューアルに向けて試行錯誤は続きます。

見学会や住まい教室、彩都でのイベントと連続性のないマンネリ化でお客さんの反応に危機感を覚え、これもまた、4月から「連続性のあるもの」に早速改善中で、この2ヶ月以内には大リニューアルします。

そして、各種のワークショップへの参加とその実践の為、毎月4回は東京を始めとして出歩いています。・・・が、その全てのワークショップが、消費者との話し合いの無い俗にいう業界内での勉強会です。

そこへ、先日、東京で開催した当たり前の家ネットワーク主催による「家づくり工務店」サミットに出会いました。このネットワークは、他の会と違って、トップランナーは消費者代表の中川誼美さん(お宿、吉水の女将)で、また、女優の高木沙耶さんもオブザーバーとして参加いただく?という業界を巻き込んでのおもしろい取り組みです。エクスナレッジという雑誌社やMoiss建材でお馴染みの三菱商事建材の塩地さんも事務局として参加。実にとっつきあいやすい仲間です。

まだ始まったばかりで、これからのネットワークですが、過去、林産地とのネットワークを数多く手がけ、今も当然参加しているのですが、プロとプロのワークショップにももちろん、どしどし参加しますが、この当たり前の家ネットワークでは、発会した消費者代表の皆さんたちとも同じ位置で走ってみようと考えています。

こうした考え方、学習でまた一味違うKJ WORKSに良い意味で変わっていけば良い事ではないでしょうか!