福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

神々が宿る厳粛な街

2007-09-16

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

午前中、10年近く前に建てさせて頂いた「木想家のひとたちYさん」の家で、ご両親の衰えに対する自宅改造の打合せをさせていただきました。家族構成は私たちの年齢になりますと、親の衰えが目立つ年頃で、子が巣立ったと思ったら、今度は親の心配をしなければならない・・・そんな年頃なんです。・・・私の場合、子供がまだ若く、子供のことでは当てはまりませんが・・・

私の家の近くでしたから、終わった後、今度は、以前から気になっていた奈良市西の京駅界隈の住宅街を車で下見してみました。この地域の土地や中古住宅を物色しておられるお客様がおられ、その質問に対応する為にも下見が必要だったのです。この地域、建蔽率が40%で、容積率が60%と厳しく、地価はその分割安のようですが、家づくりをする為には最低60坪ぐらいは必要で、車庫も考えると、ご希望の土地は平地が無難なように思えました。

ところでこの地域、多くの神々が宿る街でもあります。直ぐ北側に垂仁(すいにん)天皇陵があって、もう少し北に行くと西大寺もあります。また、近鉄電車の線路東には、唐招提寺が、ちょっと南には、薬師寺もあります。他にも見だしたらきりが無いほどです。

この地域、奈良の落ち着いた歴史好きな人には最高の住まい環境のように思います。私のように、もう少し、古い大和の歴史や日本文化の発祥を感じたい人間には、自分で言うのもなんですが・・・もう少し南の方がよいと思うのですが・・・ただ、私のように会社まで55kmも片道の走行距離があっても気にならない人以外はまず無理ではあります・・・・・・?高速代は高いし、ガソリン代もかかるし・・・・・??!因みに大和三山がまじかで、大和朝廷の始まる明日香文化、葛城族(蘇我氏も)の始まりの地、そうした古墳墓の多いこと・・・

今日のブログ、何か支離滅裂ですみません!

垂仁天皇陵

薬師寺、奥は東塔