福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

気持ちの良い木のお風呂

2007-10-06

カテゴリー「リフォーム・古民家再生

投稿者 福井綱吉

そういえば最近、お客様から「木想家」のご依頼に際して、木のお風呂を使った事が久しくありません!

ユニットバスや、壁&天井をヒバやヒノキなどの木を張るハーフユニットバス(下半分がユニットバス)が増えてきました。少ないながらも確かに、在来と呼ばれる現場施工で設えるお風呂もつくるのですが、その浴槽は大体がアクリル系の人造大理石浴槽であったり、ホーロー浴槽、ステンレス浴槽などばかりです。壁天井をヒバやヒノキ、高野槙などで仕上るのですから、風呂桶が木であっても良いと思うのですが・・・・・

おそらく、奥様方の反対も原因の一翼を担っているような気もいたします?5年近く前にわが家も家を建てたのですが、その際、私は木の風呂桶を希望し、その条件として「風呂桶の掃除は自分がするから!」と懇願したのですが、結果、嫁親子に却下されてしまい、その条件だった風呂桶の洗いだけは、私に課せられていて、今ではまんまと罠にはまったような想いで一杯です。

木の風呂桶は、一体成型品と違って、水の流れる排水口は完全には水は切れませんので、桶を洗いきった最後に、排水口界隈を雑巾で拭き取る必要があります。けど、そんな作業なんか、気の風呂桶にゆったりと浸る極上の気分からすれば大した問題ではありません。桶も青ヒバであったり、ヒノキであったり、高野槙であったりと、また、背中の勾配に合わせて背板側を斜めにつくる事も簡単ですから、皆さん、大いに奥方たちを上手にヨイショして?木の風呂をご注文くださいませ。

写真はヨハネハウスの広島展示場のお風呂です