福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

『阿蘇の家』の上棟式に参加しました!

2008-11-08

カテゴリー「家づくり相談(土地さがし・建替え・リフォーム)

投稿者 福井綱吉

大阪〜熊本の格安運賃は日帰りには適用されなくなった・・・・・ホテル(朝食付き)+レンタカーセットの方が、日帰りより二人で6千円も安い・・・

そんな訳で、昨日の晩から熊本県阿蘇市の上棟式目当てに出かけていました。

KJ WORKSの設計施工・・・・・熊本で・・・

木材という無垢の木材は全て小国ウッディ協同組合から提供してもらう、基本的には合板類から窓サッシ、設備機器、家具キッチン等の部材は全てKJ WORKSからの支給材という方法で、現地の協力工務店さんの助けを借りて『阿蘇の家』は上棟を迎えました。

何で材料支給?

熊本は工業製品が大阪と比べて本当に高いんです!大規模な工務店は上手に仕入れているのですが、小さな工務店は割高な仕入で、KJワークスがお客さんに提出する価格より仕入れが高い・・・・そんな訳で・・・なんでも支給品となった次第です。

基礎配筋や構造の検査など瑕疵保証に関する検査はKJワークスが立ち会って、KJワークスの家づくりを細かく説明しながら始まった現地工務店と進める木の家づくりです。

瑕疵保証という話もまだ良くわかっていない地元の工務店さんですから、仕事の詰め方も中々難しい・・・・・・けど、まあ、何とか大きな問題はなくここまで進んでおります。

この工務店さんは小国杉のことを良く知りませんし、使ったこともありません。価格が高く、他に熊本でははるかに安い木材が一杯ある・・・・・はるかというには訳がありまして・・・

小国杉は完全な良質の乾燥木材なのですが、質量が大きいから凄く重いんです・・・が、今日、大工さんや現場監督にその辺を惚けて聞いてみました。
「棟上の時、構造材は重かったですか?」すると「全然!軽いもんでしたよ!」っとあっさりした返事で、思わず、上棟式に参加した小国ウッディ協同組合の児玉さんと上池さんと顔を見合わせ苦笑い???

確かに彼らの使う杉材は重いんです。全国の木材を相当見歩いた私がびっくりするほどの小国杉の重さをもってしても・・・です。

その訳は、無乾燥木材が熊本ではまだまだあたり前なんです。現実、8月に見た熊本のプレカット工場では加工材が水しぶきを上げて削られていたほどなんです。

まあ、そんな訳で全ての木材は床や壁、天井、屋根の下地に至るまで全て小国ウッディ協同組合の製品にしています。決して腕が悪いとか、工務店の質が悪いとかではなく、今もって無乾燥木材(通称、グリーン材)が特に田舎では主流なんです、だからかなり安い、けど、KJワークスでは使えないし、そうした木材には関りたくはない、床下暖房があたり前で、建物の乾燥をあたり前とする家づくりには、完成後に壁床、天井などが暴れて・・・不向きなんです!

・・・と話は上棟式からそれましたが、施主のMさんご夫妻はもう、大感激で、もう既に住んでからの薪ストーブの燃料調達で悩んでおられる始末!最初の年は、建築中の木材端材で何とか賄えますが、翌年からは都度、小国ウッディ協同組合に調達に行くには軽トラックの購入が・・・・・広葉樹は街路樹の伐採木を・・・どこにゆけば???

もう住んだ先の話へと頭は・・・・・来年の春に突っ走っていました。

雨の為に、上棟した建物はブルーシートで包んでいます。

略式の上棟式開始です
協力工務店の社長が別件で開始に間に合わず、急遽、私が司会進行を勤めました

建物周囲を清めます
お酒と粗塩と洗い米で・・・・・

上棟式が無事執り行われたあとは、直会(なおらい)で、昼に始めましたので、めでたい赤飯と料理でちょっと一杯・・・・・運転しないと飲めるんです!

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie