福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

KJ ワークスの得意技(その5-1)

2008-12-06

カテゴリー「伝えたいコト

投稿者 福井綱吉

まず、土地を探している状態で、その更地や古家付の家を見に行った時の事を今回は考えてみます。

どこの工務店や設計事務所でも、家づくりを考える時に、その敷地を見てどんなプランがその土地に似合い、楽しい家づくりができるか考えると思います。

それではKJ ワークス は、どうかといいますと、まずお客様が決めかねている土地の場合は、最初にその付近に近づいて・・・その土地や古家付の家界隈に行き、そのあたりの空気というか、心地良さを感覚で感じてみます。これは私独特の空気を読むことなんですが・・・・・

敷地に立って常に風の流れる場所か否かを知ります。近所の人がいたら、その人にも聞いてみます。

次に、その場所として、抜ける眺めはあるか?風はどちらから流れてくるのか?近くに山があれば、山の方向はどちらか?それによって、午前中と午後からの風は違うはずです。

また、隣家の建物の建ち具合・・・隣家と接近している場合は、その路地の風の流れも読んでみます。

古家の場合は、2階へ上がって窓を開けて四方の外部をまず眺めます!

全面道路の道幅や方角、道路向いの景色や隣家との密集度、それによってメインとなる家族の間や台所が1階か2階、どちらに適しているのか・・・2階リビングがお客さんにとって好みか否かも想定します。もちろん、狭小地の3階建ての場合も同様に考えます。

そして、その地域の法的建築条件も予め探っておきます。

そして、それに見合う予算か否か・・・・・私が感じたことを素直に説明し、予算が一致しても、その土地にはどのようなプランが好ましいのかもお話してみます。そして、その条件で、その土地を買いたいのか否か・・・・・そんなような話をしてみます。

『空気を読んで、敷地を読む』そんなことが始まりです!

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie