福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「あたり前の家」ネットワーク「家づくりサミット」開催

2008-06-26

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

高樹沙耶さんと女将
生活者の目線からの「暮らし」トークと題して、南房総で自然に親しんだ生活をする高樹沙耶さんと、京都円山公園と東京銀座の旅館吉水の女将で「あたり前の家」ネットワークの会長である中川誼美さんの語り・・・・・一番、馴染みやすい「あたり前の家」ネットワークらしいトークでした。

小池百合子さんの話
「エコハウスつくります!」宣言・・・が、日本の大政治家、小池百合子の環境対策みたいな話に・・・・・・

パネルディスカッション?
左から、新建ハウジングの三浦編集長、オプコード研究所の野辺さん、住まいと環境社の野池さん、司会進行役の事務局長、塩地さんによる、パネルディスカッション「工務店の明日」は、時間が僅か20分しかなく、各自アクのきつい人たちが主張を始めたところで、お終い!?ストレスとイライラが最高潮となるパネルディスカッションに・・・・・・・・・・・・

昨日は遅くまで懇親会もあって、やっぱりブログは書けませんでした!

昨日の午後1時から始まった、「あたり前の家」ネットワーク「家づくりサミット」は、女優でナチュラリストの高樹沙耶さん(「あたり前の家」ネットワークのメンバーで家づくりしたOB)、衆院議員の小池百合子さん(「あたり前の家」ネットワークのメンバーで建築予定)、ネットワーク会長で旅館吉水の女将、中川誼美さん、SAREX専務理事でオプコード研究所の野辺公一さん、住まいと環境社の野池政宏さん、新建ハウジング編集長の三浦祐成さん、早稲田大学名誉教授(講演出張で欠席)のあたりまえの家研究会から金森道さんと岸田美毅さん、小池百合子邸設計予定者の善養寺幸子さん、そして、「あたり前の家」ネットワークの事務局長の塩地さんなど多くの出演者が段上に登ってのイベントとなりました。

参加者は、最終的には130名ぐらいになったようですが、事務局や事務局長始め、基本的には皆、ボランティア活動の延長の催しですから、開催前から終了するまで本当に大変な事です。また、「あたり前の家」ネットワークのコミュニティ広場(インターネットの広場)で知り合った一般の家づくり希望者の人たちが受付を担当していただき、本当にありがたいイベントでした。

ただ、テンコ盛りの出演者ですので、内容的に忙し過ぎて、かなり窮屈な内容になったのは残念なことでしたが、これも、次回への反省と課題と前向きに考えれば結果オーライです。

時間厳守で話をしてもらうのですが、小池百合子さんなど、消費者の目というよりも、環境系の大きな話ばかりで、海外の話、地球の中の日本としての話など、本来は、小池百合子の家づくりへの想いや家づくりの考え方だったのですが、残念ながらそういった話は出ず、政治家小池百合子の長丁場で時間オーバー!?

彼女の話しでは「これからは住宅には太陽光発電を国として勧めたい!」などと、私を始めとする参加工務店の、OMなどパッシブ系のCO2排出の少ない家づくりによる手法で太陽熱利用を考える人たちが多い中で・・・・・

大規模設備工場の建設や大量生産が必要で機械装置によるCO2ばかりが生産時に多く排出される太陽光発電を真っ先に、最初から最後まで話しきるという、的外れなCO2削減構想にやや唖然!

もっと、本当に環境系の政治家なら、まずは、行動としていきなりCO2排出の手法の話ではなく、無理の無い太陽熱利用の家づくりにプラス太陽光発電を勧める・・・その程度のレベルの話はしてもらいたいもの。

けど、まあ、それでもこれだけ多くの皆さんが集まる「あたり前の家」ネットワーク「家づくりサミット」ですから、今後は各地の支部長も交えて、しっかりした学びと消費者との接点をもっともっと実現化できるネットワークにする具体的な行動が急務となります。

関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie